本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国統一部、今月9日「北朝鮮人権政策協議会」2次会議開催へ
韓国統一部(部は日本の省に相当)は来る9日、北朝鮮人権に関する部署間の協議体である「北朝鮮人権政策協議会」2次会議を開催すると明かした。統一部のチョ・ジュンフン報道官は5日、「統一部次官主宰で『2022年第2次北朝鮮人権政策協議会』を開催する」とし、「今回の会議には統一部、外交部(外務省に相当)、法...
別窓で開く

金正恩氏がラオス国家主席に祝電と花かご
北朝鮮の金正恩党委員長(国務委員長)は2日、ラオス建国47周年に際して、ラオス人民革命党(LPRP)中央委員会のトンルン・シースリット書記長(国家主席)に祝電と花かごを送った。朝鮮中央通信が伝えた。金正恩氏は祝電で「社会主義を目指す共同闘争の中でもたらされた両党、両国の伝統的な友好・協力関係が変わる...
別窓で開く

<W解説>荒々しい表現で韓国や尹錫悦政権を批判、北朝鮮の金総書記の妹の与正氏が担う役割とは?
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹、ヨジョン(与正)氏が先月24日、「(韓国の)国民はユン・ソギョル(尹錫悦)の大バカたちが危うい状況をつくっている『政権』をなぜただ見ているだけなのかわからない」とする談話を出し、韓国を痛烈に批判した。同日付の朝鮮中央通信を通じて発表した。...
別窓で開く

韓国、北朝鮮の独自制裁対象を追加指定…8人・7機関
韓国政府が2日、北朝鮮の個人8人及び7機関を対北独自制裁の対象に追加指定した。対北独自制裁はユン・ソギョル(尹錫悦)政府に入り、今回が2回目だ。ことし10月にも北朝鮮の個人15人及び16機関を独自制裁対象に指定している。...
別窓で開く

駐米韓国大使、与正氏の韓国非難は「米韓の努力効果が出ている傍証」
チョ・テヨン駐米大使は、韓国政府の「対北独自制裁」検討の動きに北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)労働党副部長が非難の談話を出したことについて「米韓両国の努力が効果を見せている傍証だ」と述べた。...
別窓で開く

2022年上半期(1月〜6月)にプレジデントオンラインで配信した人気記事から、いま読み直したい「編集部セレクション」をお届けします——。(初公開日:2022年3月16日)ロシアのプーチン大統領を説得できる政治家はいないのだろうか。国内では27回の首脳会談を重ねた安倍晋三元首相を特使に推す声がある。ジ...
別窓で開く

韓国の朝鮮半島平和交渉本部長、駐韓中国・ロシア大使と電話会談
韓国のキム・ゴン(金健)朝鮮半島平和交渉本部長は21日、邢海明(シン・ハイミン)駐韓中国大使、アンドレイ・クリク駐韓ロシア大使とそれぞれ電話会談をおこなった。外交部(外務省に相当)によると、金本部長は北朝鮮が去る18日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことを国連安保地決議の明白...
別窓で開く

「敵対勢力の謀略策動」北朝鮮、国連人権決議案採択を非難
北朝鮮外務省のチョ・チョルス国際機構局長は17日、国連が北朝鮮の人権決議案を採択したことに対して「全面排撃する」と、朝鮮中央通信の質問に答える形で非難した。国連総会第3委員会は16日(現地時間)、北朝鮮の人権侵害を糾弾する内容の北朝鮮人権決議案を18年連続で採択した。韓国も4年ぶりに共同提案国として...
別窓で開く

中国によって繰り返される邦人拘束 「今、助けを求めている国民を救出せずに、何が国防だ!」辛坊治郎が日本政府に憤慨
キャスターの辛坊治郎が11月17日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。中国側が違法性の具体的な根拠を示さずに「スパイ行為」だとして多数の日本人を拘束し続けていることをめぐり、「今、助けを求めている国民を救出せずに、何が国防だ!」と、日本政府に対する...
別窓で開く

韓国を日米韓の軍事協力体制に引き込んだバイデン、直後に中国にすり寄った尹錫悦
 J・バイデン(Joe Biden)大統領が首脳会談を機に、韓国を日米韓の軍事協力体制に引き込んだ。だが、直後に尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は習近平主席に会い、米国の言う通りにはならないと約束した。迷走する隣国を韓国観察者の鈴置高史氏が読み解く。■米国側に押しやった「北の核」鈴置:11月13日、...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

バイデン 朝鮮半島 北朝鮮 ロシア ラオス