本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



紀藤弁護士と鈴木エイト語る統一教会との闘い「取材に来たメディアに信者が」
——2022年の日本を揺るがせた統一教会問題。国会議員との癒着、生活を壊す高額献金、2世の窮状……。教団の抱える問題を長年追及してきた2人がこれまでの戦いを語った。鈴木エイトさん(以下・鈴木):旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の被害者たちが声を上げたことで議論が進んだ救済法が、成立しました。...
別窓で開く

旧統一協会「解散請求」求める署名20万筆 「これ以上の被害を食い止めるため、次世代につながる答え必要」
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の宗教法人としての解散請求を求める署名が20万筆集まったことを受け、呼びかけ人らは2022年12月9日、「申入書」を文化庁の石崎宏明・宗務課長に手渡した。仮に裁判所から解散命令が出ても、旧統一教会そのものがなくなるわけではない。それでも、税制上の優遇がなくなることで...
別窓で開く

3大臣「辞任ドミノ」で政権の危機、一番説明責任を果たしていないのは誰か? 岸田首相に欠けているのは決断力と説明力
(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家) 山際大志郎前経済再生相、葉梨康弘前法相に続き、寺田稔総務相も辞任に追い込まれた。 旧統一教会とのただならぬ深い関係、死刑執行に関するとんでも発言、政治資金を扱う総務省のトップが政治資金規正法に違反するような行為をしていた等々、3人の行状はどれもがあきれ果てた...
別窓で開く

次のターゲットは寺田総務大臣!外遊後の岸田総理を待ち受ける「辞任ドミノ」本当の地獄
 岸田文雄総理が最も恐れる「辞任ドミノ」が現実のものとなりつつある。 旧統一教会(世界平和統一家庭連合)とズブズブの関係にあった山際大志郎氏が経済再生担当大臣の辞任に追い込まれたのが10月24日。その後、11月11日には葉梨康弘法務大臣も辞任を余儀なくされた。...
別窓で開く

1つの問題に集中しすぎる「集中審議」の課題
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が10月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。10月24日に行われる衆参両院予算委員会の集中審議について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」集中審議国会では10月24日、衆参両院で予算委員会の集中審議が行われる。...
別窓で開く

“リモート公務”の今こそ、岸田総理は「内閣改造人事の意図」を国民に説明するべき 青山繁晴議員が指摘
作家で自由民主党・参議院議員の青山?晴が8月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。新型コロナウイルスに感染し、リモート公務を開始した岸田総理について解説した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>