本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国製薬会社、新型コロナ治療剤の国内臨床患者の募集を完了=韓国報道
韓国のトータルヘルスケア企業「イルドン(日東、ILDONG)製薬」(代表 ユン・ウンソプ)が韓国国内で目標にしていた経口用新型コロナウイルス治療剤「S-217622」の臨床患者の募集を完了した。国内で計画していた200人規模の臨床対象者をすべて確保したイルドン製薬は、先立って募集されていた被験者に対...
別窓で開く

下水のウイルス量から「天気予報のように感染拡大を予測」…全国的な監視態勢構築へ
 下水を通して新型コロナウイルスの感染状況を調べるため、産学協同の「日本下水サーベイランス協会」が設立された。上下水道コンサルティング企業「NJS」(東京)や塩野義製薬(大阪)など民間13社と、北海道大、山梨大、金沢大の研究者3人が参加。...
別窓で開く

熱中症リスク、子供への影響…感染症専門医語る「7月にマスクを外すべき理由」
コロナ禍で迎える3度目の夏を前に、政府内でもにわかに浮上した“マスクを外すべきか否か”の議論。専門医は「今こそ外す決断をする時機にきている」と強く主張するーー。「人との距離が2メートル以上確保できている場合には、マスクを外すことを推奨している」“首相の女房役”の松野博一官房長官は、5月12日の記者会...
別窓で開く

ワクチンの「緊急承認」新設も… 改正「医薬品医療機器法」が成立
 感染症の流行などの緊急時に新たに開発されたワクチンや薬などの速やかな実用化を目指す「改正医薬品医療機器法」が5月13日、参議院本会議で全会一致で可決、成立しました。 改正法には臨床試験の最終結果が出る前でも有効性があると推定されれば承認できる「緊急承認」制度を設けることが新たに盛り込まれました。...
別窓で開く

マスクそろそろ外しても... コロナ「ひと段落」ムードに専門家は
いつになればマスクを外せるか、をテーマとした報道を見かける機会が多くなった。政府関係者や専門家は、会見などで「脱マスク」の検討についてたびたび言及している。欧米ではマスク着用義務を緩和するところがある。2022年4月29日からの大型連休では2020年以来初めて新型コロナウイルス対策による移動制限がな...
別窓で開く

多様な働き方へ...「週休3日制」検討企業相次ぐ なのに、身近な「週休0日」の仕事改革がスルーされてしまうのはナゼ?(川上敬太郎)
多様な働き方を後押しできると、政府は週休3日制を検討しているとか。ファーストリテイリングやヤフー、みずほ銀行、塩野義製薬、日立製作所、パナソニックなど、そうそうたる会社が、すでに週休3日制を導入する方針を打ち出しています。アイスランドやスウェーデン、スペインなど、海外でも週休3日制導入が前向きに検討...
別窓で開く

「7月にはマスクを外そう」感染症の専門医が明かす、マスクを外せる3つの条件
マスクを常に着用していると、子どもたちへの大きなリスクが……。浜松医療センターの矢野邦夫医師が警鐘を鳴らす。(「文藝春秋」2022年4月号より、全2回の1回目/ 後編 に続く)◆ ◆ ◆■人間らしい生活を送りたい 新型コロナウイルスの世界的なパンデミックが始まってから、2年以上が経過しました。...
別窓で開く

「給料はそのままで週休3日」日本の企業が続々と導入=韓国ネット「外国と比べる必要なし」
2022年4月12日、韓国メディア・マネートゥデイは、「日本の電機メーカー大手の日立製作所が、週休3日制を採用した」と報じた。記事は、日立が社員1万5000人を対象に、週休3日にできる勤務制度を22年度中に導入すると発表したことを紹介。...
別窓で開く

コロナワクチン買いすぎでは アストラ「不人気」でもノババックス追加
新型コロナウイルスのワクチンについて、「費用対効果」を問う声が出始めている。これから何回の接種が必要で、そのためにはどれだけの量を確保すべきか——。巨額のコストがかかっているにもかかわらず、オミクロン株では接種の遅れなどで十分な成果を発揮できなかった。一部の不人気ワクチンは、大量購入の契約をしたもの...
別窓で開く

コロナ終息しても、テレワークは前提に...各社で加速「テレワーク革命」の実態
会社ウォッチでは、テレワークに関してさまざまな本を紹介してきた。導入のノウハウ、効率的な作業法、役に立つグッズなどを取り上げた。今回、本書「テレワーク大全」(日経BP)をもとに、企業がコロナ禍でいかにテレワーク導入に奮闘してきたかを見てみたい。「テレワーク大全」(日経BP総合研究所イノベーションIC...
別窓で開く


<前へ123456次へ>