本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ウィニングカルチャー 勝ちぐせのある人と組織のつくり方』では、組織文化の変革方法についてまとめました。本連載では組織文化に造詣の深いキーパーソンと中竹竜二さんが対談。ともに学び合うオンライングループ「ウィニングカルチャーラボ」で実施したイベントの内容をまとめました。今回のゲストは、Jリーグ常任理事...
別窓で開く

「バイトル」「はたらこねっと」などを展開し、またたく間に人材サービス大手へと急成長を遂げたディップ。その躍進劇をインサイダーの視点から綴った著書が『フィロソフィー経営 ロイヤリティが生んだディップ急成長のドラマ』だ。本書を読むと、同社の「社員の働きがい」に重きを置いた経営が社員を最速で成長させ、その...
別窓で開く

中国経済はこれからも拡大を続けるのか。元みずほ証券シニアエグゼクティブの土屋剛俊さんは「不動産大手・恒大集団の経営危機は、不動産バブル崩壊の予兆だ。中国政府がこれまで延々と続けてきた『GDP成長率の維持政策』も、同時に破綻の危機にある」という——。■恒大集団のデフォルトは氷山の一角にすぎない中国の不...
別窓で開く

減り続ける日本の「お酒」——活路はどこにあるか——都留 康(一橋大学名誉教授)【佐藤優の頂上対決】
  この2年に及ぶコロナ禍でお酒はすっかり悪者となり、感染を気にしながら飲むものになった。だが統計上は、もう30年以上前から日本人の飲酒量は減っているのだという。それはいったい何故なのか。これに酒造会社はどう対応しているのか。経済学者による酒造業界の分析と未来への提言。 ***佐藤 この2年間、新型...
別窓で開く

東京ディズニーリゾートの園内は常に清潔でなければいけない。しかし、お客が嘔吐したときなどはどうするのか。約8年間、清掃スタッフを務めた笠原一郎さんは「週1回は発生していた。ときにはジャングルクルーズの船を独り占めして、10分間のタイムリミットのなかで清掃作業をしたこともあった」という——。(第3回/...
別窓で開く

■電気代が値上げしないためにも風力発電は欠かせない国内外で、わが国企業が洋上風力発電事業への取り組みを強化している。今のところ、洋上風力発電はわが国にとって再生可能エネルギーの切り札的な存在だ。洋上風力発電事業分野での成果が、中長期的なわが国のエネルギー政策に与える影響は大きい。最近の動きの中で特に...
別窓で開く

「バイトル」「はたらこねっと」などを展開し、またたく間に人材サービス大手へと急成長を遂げたディップ。その躍進劇をインサイダーの視点から綴った『フィロソフィー経営 ロイヤリティが生んだディップ急成長のドラマ』には、京セラ創業者の稲盛和夫氏、日本電産創業者の永守重信氏の経営哲学とも共通する考え方が語られ...
別窓で開く

東京ディズニーリゾートのキャスト(従業員)が、思わず手を止めて見惚れてしまうという光景がある。約8年間、清掃スタッフを務めた笠原一郎さんは「遅番のキャストは午後8時半からの花火を見ることができる。その光景は何度見ても心を奪われてしまった」という——。(第2回/全3回)※本稿は、笠原一郎『ディズニーキ...
別窓で開く

多くの企業が早期退職の実施に踏み切っている。応じてもいいのだろうか。中高年専門ライフデザインアドバイザーの木村勝さんは「55歳を過ぎてからの転職は決まりづらく、収入ダウンの可能性も高い。早期退職ではなく、出向を受け入れたほうがいい」という——。※本稿は、『THE21』編集部編『50歳から必ずやってお...
別窓で開く

東京ディズニーリゾートのキャスト(従業員)は、園内を清掃中によく質問を受けるという。約8年間、清掃スタッフを務めた笠原一郎さんは「『なにをしているんですか?』とよく聞かれる。来園者たちは『夢のカケラを集めているんです』という返事を期待しているようだった」という——。(第1回/全3回)※本稿は、笠原一...
別窓で開く


[ 一橋大 ] の関連キーワード

being doing ディップ ディズニ 三菱商事
一橋大学