本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



デビュー50周年・諸星大二郎。「ジャンプ」から飛び出した異端の漫画家インタビュー【前編】
現在、デビュー50周年を記念した大展覧会「諸星大二郎展 異界への扉」が開催中の漫画家・諸星大二郎先生(72歳)。漫画ファンのみならず、数々の有名漫画家からも熱烈な支持を受ける、レジェンド中のレジェンドにインタビューが実現! 前編の記事では、デビュー前のエピソードから、『暗黒神話』『妖怪ハンター』『マ...
別窓で開く

話題作『ダンダダン』読切がジャンプ本誌を侵略! 超画力に“ドン引き”する声も
今もっとも注目されているWeb漫画『ダンダダン』の特別読切が、10月4日発売の『週刊少年ジャンプ』44号に登場。圧倒的な画力に緻密なストーリー構成、そして胸がワクワクする青春模様…。あらゆる要素がジャンプ読者の胸に突き刺さったらしく、ネット上で大きな反響を巻き起こしている。「ダンダダン」は、今年4月...
別窓で開く

“究極の選択を迫られる”セガの新作RPGは『チェインクロニクル』後継作! 発表会に豪華声優陣が登場
「東京ゲームショウ2021 オンライン」で配信された「セガにゅー #TGSスペシャル」にて、既に予告されていた新作スマートフォン向けRPGのタイトルが『シン・クロニクル』であると発表された。同作は累計2500万ダウンロードの人気スマートフォンRPG『チェインクロニクル』(以下、『チェンクロ』)チーム...
別窓で開く

連載「超歌舞伎 その軌跡(キセキ)と、これから」第十六回
 2016年の初演より「超歌舞伎」の脚本を担当している松岡亮氏が制作の裏側や秘話をお届けする連載の第十六回です。(本連載記事一覧はこちら)  「超歌舞伎」をご覧頂いたことがある方も、聞いたことはあるけれどまだ観たことはない! という方も、本連載を通じて、伝統と最新技術が融合した作品「超歌舞伎」に興味...
別窓で開く

ギレルモ・デル・トロ最新作『ナイトメア・アリー』来年2.25公開 ティザー予告解禁
奇才ギレルモ・デル・トロ監督が、作品賞・監督賞を含むアカデミー賞4部門を受賞した前作『シェイプ・オブ・ウォーター』に続き再びサーチライト・ピクチャーズとタッグを組んだ最新作『Nightmare Alley(原題)』が、邦題を『ナイトメア・アリー』として2022年2月25日より公開されることが決定。...
別窓で開く

「いつ死んでもいいのかな…」 「熊谷6人殺し」遺族が憤る「加害者天国ニッポン」
 世の中は複雑極まりないが、例外的に単純なことがある。殺人者こそ悪であり、無辜(むこ)の被害者に罪はない。だが、警察も検察も被害者側を守ってくれない国が存在する。6年前の「熊谷6人殺し」。未だ裁判が続く事件が浮き彫りにした「加害者天国ニッポン」の実像。...
別窓で開く

恋愛したい、結婚したい——。男女の思いはコロナ禍でも自粛不可なのか、恋活、婚活マーケットはよもやの進化を遂げていた。恋愛市場のリアルな最前線を総力取材でお届け! 今回、注目したのは海外の出会い事情。14億人が暮らす異形の大国・中国では、人々はどのように出会っているのだろうか。◆「ネットとリアル」を駆...
別窓で開く

JR西日本の「スーパーサルーンゆめじ」 なぜ211系と213系の混結だった? 理由は車体にあり
かつてJR西日本では団体列車やイベント列車に対応した「スーパーサルーンゆめじ」を使用していました。この「スーパーサルーンゆめじ」、211系電車と213系電車からなる3両編成でした。なぜ異なる形式となったのでしょうか。...
別窓で開く

海堂尊さん最新作、発売当日に「モデル」の菅首相が...。
 9月3日(2021年)、本書『コロナ狂騒録』(宝島社)が発売され、ちょうど読んでいるときに、菅義偉首相が自民党総裁選に出馬せず、首相を辞任することが報道され、驚いた。菅首相が本書のモデルの一人だったからだ。 本書は前首相の辞任に始まり、後任の酸ケ湯(すかゆ)政権がGoToキャンペーンに励むなか、新...
別窓で開く

『月姫 ? A piece of blue glass moon-』レビュー(ネタバレなし):奥深い心理描写と豊かなビジュアル表現が感情を刺激
TYPE-MOONの起源といえる作品『月姫』のリメイク『月姫 – A piece of blue glass moon-』がとうとうリリースされた。その内容は、待ちわびた時間に見合うものだったか? リメイク前の『月姫』にも触れつつ、レビューしたい。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>