本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



兜町の風雲児「中江滋樹」が語っていた田中角栄 「目白に3千万円持って行かせたが…」
 いまや国際社会のなかでも“ひとり負け”の感が否めない日本経済だが、わずか30年前には未曾有のバブル景気に列島が沸き立っていた。当時、日本の地価の総額はアメリカ全体の4倍ともいわれ、土地・株・カネが飛び交う狂乱のなか、得体の知れないバブル紳士が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)し、数多のスキャンダルが世...
別窓で開く

小島よしお、『警視庁・捜査一課長』ゲストに 伝説の一発屋プログラマー熱演もまさかのNG
今夜5月12日20時放送の内藤剛志主演ドラマ『警視庁・捜査一課長 season6』(テレビ朝日系)第5話に、小島よしおがゲスト出演。“一発屋”とやゆされる伝説のプログラマー役で、ドラマと全力で向き合ったシリアス演技を披露する。 ヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜...
別窓で開く

知ってる? セグウェイが公道を走れないワケ 原付登録も無理 五輪の警備に活用期待も…
立って乗る電動の乗りもの、セグウェイが開発されて20年近くが経ちます。公道走行が多くの国で可能ですが、日本ではいまだ「実証実験」という形でしか認められません。いまの日本の法律では、原付登録すら絶対に無理な状況です。ナンバー取得は可能ではあるが「特殊車両」扱い 立って乗る電動の乗りもの「セグウェイ」。...
別窓で開く


<前へ1次へ>