本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ヤマザキマリが、最も敬愛する作家・安部公房を語る。
 『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン)などで知られる、漫画家・エッセイストのヤマザキマリさん。ヤマザキさんの「最も敬愛する作家」をご存じだろうか? 『壁』『砂の女』などを書いた、戦後を代表する不条理文学の名手・安部公房だ。 ヤマザキさんは、「もしあの頃、安部公房の文学に出会っていなかったら、私は...
別窓で開く

小島よしお、『警視庁・捜査一課長』にゲスト出演!“伝説の一発屋”をシリアス熱演
捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く『警視庁・捜査一課長 season6』。5月12日(木)放送の「season6」第5話では、小島よしおが“一発屋”と揶揄される伝説のプログラマー役でゲスト出演! ドラマと全力で向き合った、シリアスな演技を披露する。...
別窓で開く

小島よしお、“伝説の一発屋”役で『捜査一課長』に出演 自分のギャグが役名に採用され衝撃「ネーミングセンスに脱帽」
テレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season6』(毎週木曜 後8:00)の第5話がきょう12日に放送。お笑い芸人の小島よしおが“一発屋”と揶揄(やゆ)される伝説のプログラマー役でゲスト出演し、ドラマと全力で向き合ったシリアス演技を披露する。 ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一...
別窓で開く

小島よしお、『警視庁・捜査一課長』ゲストに 伝説の一発屋プログラマー熱演もまさかのNG
今夜5月12日20時放送の内藤剛志主演ドラマ『警視庁・捜査一課長 season6』(テレビ朝日系)第5話に、小島よしおがゲスト出演。“一発屋”とやゆされる伝説のプログラマー役で、ドラマと全力で向き合ったシリアス演技を披露する。 ヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜...
別窓で開く

スーツの専門家が明かす、デキるビジネスマンの仕事服の選び方
普段、何気なく選び、何気なく着ている仕事服。毎日決まったスーツという人もいれば、コロナ禍以降リモートワークとなり、カジュアルな服を着ているという人もいるだろう。では、ビジネスマンの仕事服の「正解」とは一体どういうコーデなのか?その答えを教えてくれるのが『リセット! 仕事服 新しい生活様式にふさわしい...
別窓で開く

出版50周年!『ユダヤの商法』で明かさせるビジネスの法則とは?
科学的社会主義を説いたカール・マルクス、相対性理論を発表したアルベルト・アインシュタイン、映画監督のスティーブン・スピルバーグ、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ、Facebookの創業者のマーク・ザッカーバーグら、歴史に名を残した偉人や実業家たちのなかにはユダヤ系の人々が多くいる。...
別窓で開く

いよいよ4月から、高校でも「資産形成」や「投資」の授業が始まった。★Amazon.com「1600以上の読者評価、星5つ中の4.6の高評価」★Amazon.com「Children's Moneyジャンルベスト10の常連」★ベストセラー『生涯投資家』村上世彰氏絶賛『13歳からの億万長者入門──1万円...
別窓で開く

日本人でも外国人でも! 働きやすい環境のつくり方
日本での外国人労働者に対するイメージは、少し時代遅れかもしれません。単純労働者としての受け入れだけではなく、優れた技術を持つ付加価値の高い外国人の受け入れも、これからの日本のためには必要です。それを阻んでいるのは、日本の医療環境や時代遅れな価値観。国際情勢アナリストの渡瀬裕哉氏が、外国人人材の働き方...
別窓で開く

「市場調査なんて要らない」という主張は、米アップルの共同創業者である故スティーブ・ジョブズ氏が遺した伝説の一つだ。そして日本にも「市場調査が要らない」企業がある。うどんチェーン「丸亀製麺」だ。しかし、丸亀製麺が要らない理由はジョブズ氏の主張とは似て非なるものだ。全く別の理由になる事情とは?(イトモス...
別窓で開く

「いじられるのがイヤ」すい臓がんでカルト療法にハマったジョブズ
iPhoneやApple Watchなどの人気は日本でも高く、企業としての時価総額も世界でトップとなるApple社。今回は、理科・科学の達人にして『理科の探検(RikaTan)』編集長でもある左巻健男氏が、スティーブ・ジョブズがハマった、がん治療法の真相について検証します。...
別窓で開く


[ ジョブズ スティーブ ] の関連キーワード

ヤマザキ ジョブズ ユダヤ 警視庁

<前へ1234567次へ>