本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平流出でエ軍ミナシアンGMが“補強”に意欲を示す! 二刀流の退団に大ダメージは避けられずも「全力で取り組むつもりだ」
今オフ、6シーズンにわたり投打の中心選手として活躍した大谷翔平がロサンジェルス・エンジェルスを去った。 現地時間12月9日にロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだことが発表され、その5日後には、晴れやかに入団記者会見が執り行なわれた。「勝利」を求める熱意などに惹かれたことが決めてとなったと本人の口か...
別窓で開く

大谷翔平の移籍期限までのトレード否定に米メディアで賛否両論!米老舗誌は独自見解「状況が変わる可能性はまだある」
稀代の二刀流スターに囁かれる噂が絶えない。 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は現地6月20日、本拠地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦に「2番・指名打者」でスタメン出場。6月絶好調の二刀流スターの前に過去3度のサイ・ヤング賞を受賞したクレイトン・カーショウが立ちはだかった。 同日にはア・リ...
別窓で開く

「トレードはない!」エ軍GMが大谷翔平の移籍期限までの放出否定も、今オフ移籍の可能性を米記者は指摘「史上最高額の契約を結ぶだろう」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地6月20日、ロサンゼルス・ドジャースとのフリーウェイシリーズに「2番・指名打者」でスタメン出場するも、先発左腕クレイトン・カーショウの前にバットが沈黙。4打数ノーヒットに終わり、連続試合安打が「15」でストップ。チームも0対2で敗れた。 同日、ア・リーグ週間...
別窓で開く

来季から導入開始のピッチクロック。新ルールが大谷翔平にもたらす影響は? エ軍GMはなぜ「なし」と断言できるのか?
来季からメジャーリーグでは、時間短縮を目的として、ピッチクロックが導入される。同ルール施行後は、投手の場合、走者なしで15秒、走者がいるケースは20秒以内に投球動作を始めなければならず、これを超えた場合は1ボールがカウントされる。一方で打者は残り8秒より前に打席に入らないと1ストライクが与えられる。...
別窓で開く

「エンジェルスはなぜ弱いのか?」来日したベテラン番記者が考えるチームの課題と改善策。そして「外野手・大谷」の実現性は?<SLUGGER>
ロサンゼルス・エンジェルスの地元紙『Orange County Register』紙のエンジェルス番記者で、大谷翔平の渡米4年間の活躍を振り返った書籍『SHO−TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』の著者でもあるジェフ・フレッチャー氏が11月下旬に来日し、インタビューに応じてくれた。...
別窓で開く

大谷翔平の今オフトレードをGMが否定。しかし大手メディアは「タダで出て行かれるリスクが」と判断に懐疑的
ワールドシリーズが終わってストーブリーグに突入したメジャーリーグ。アーロン・ジャッジをはじめ大物FA選手の去就が注目される中、トレード戦線で熱視線を浴びているのが大谷翔平(エンジェルス)だ。 昨夏にも放出の噂が報じられた天才を巡っては複数球団が触手を伸ばしているが、現地時間11月7日に取材に応じたエ...
別窓で開く

デグロムの流出で大谷翔平獲り!? NY局がメッツの大胆補強策を提唱!「大きな方向転換を魅力的に感じる」
メジャーリーグは10月8日からポストシーズンが開幕。連日のように熱戦が繰り広げられている。一方で惜しくも敗れたチームは、水面下で来季に向けた動きを見せ始めている。 毎オフのように大物が動くメジャーのストーブリーグ。無論、今冬もスターの動きに熱視線が送られているのだが、そうしたなかでニューヨークの放送...
別窓で開く

「ショウヘイは唯一無二の存在だ」名将マッドンが語った“二刀流戦士”大谷翔平と向き合った日々「当たり前ではなかった」
大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の“覚醒”をサポートした名将が、二刀流と向き合った日々を語った。 現地時間10月8日、ジョー・マッドンは稀代の「大谷マニア」として知られるベン・バーランダー氏がメインMCを務める米放送局『FOX Sports』のポッドキャスト番組「Fli...
別窓で開く

「大谷のトレード価値は今後下落するだろう」現地メディアがエンジェルスを夏の移籍市場の“負け組”に挙げる理由<SLUGGER>
メジャーリーグは現地時間8月2日、トレード期限を迎え、超大物ホアン・ソトがナショナルズからパドレスへ移籍するなど戦力図が大きく変わった。ア・リーグ西地区4位に低迷するエンジェルスは、2023年終了後にFAとなる大谷翔平を放出しなかったものの、代わりに守護神のライセル・イグレシアスら複数の主力選手をト...
別窓で開く

大谷翔平の残留は「野球的に最悪」? 米メディアが話題となったエンジェルスの決断を辛辣分析「ビジネス的には良い」
現地時間8月2日のトレード・デッドラインまでに、ロサンゼルス・エンジェルスは小さくない動きを見せた。 ノア・シンダーガードをフィリーズ、昨オフに延長契約を結んだばかりの守護神ライセル・イグレシアスをブレーブスへ放出。そして将来が期待されてきた若手外野手ブランドン・マーシュをシンダーガードとは別の交渉...
別窓で開く


<前へ12次へ>