本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「より力強く、機動力も上だ」 英紙が評価うなぎ上りの遠藤航と前任ブラジル人選手を比較! リバプールOBからは「持続的な貢献は今後も不可欠」
延長戦に突入する激闘の末、リバプールがフィルジル・ファン・ダイクのヘッド弾でチェルシーを1-0で破り、通算10回目の優勝を飾ったカラバオ・カップ決勝で、フル出場を果たした遠藤航は、中盤での精力的かつ効果的なプレーにより、現地メディアから大絶賛されることとなった。...
別窓で開く

サウジのクラブがデ・ブライネ獲得を狙う? シティとの新契約交渉は未だ開始せず…
マンチェスター・シティ所属のベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネに対し、サウジアラビアからオファーが届く見込みだという。23日、イギリスメディア『デイリー・メール』が報じた。 現在32歳のデ・ブライネのマンチェスター・シティとの現行契約は2025年6月までとなっており、現時点で選手とクラブの間で新...
別窓で開く

アンカーで奮闘の遠藤航、リバプールの極上パフォーマンスを引き出したとして単独最高評価を与えるメディアも! マク・アリステルとの共存問題も解決!?
現地時間2月17日に行なわれたプレミアリーグ第25節で、リバプールはブレントフォードを4-1で下し、首位の座をキープしている。 35分にディオゴ・ジョタの落としから独走したダルウィン・ヌニェスがループで先制点を挙げると、55分にはモハメド・サラーの狙いすましたラストパスを受けたアレクシス・マク・アリ...
別窓で開く

リヴァプールOB、今季終了後のサラー移籍を断言「100パーセント間違いなく今夏退団するだろう」
かつてリヴァプールなどで活躍したマーク・ローレンソン氏が、同クラブに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーの去就について言及した。16日、イギリス紙『デイリー・メール』がアイルランドのブックメーカー『パディ・パワー』での同氏のコメントを伝えている。...
別窓で開く

アジア杯の大会ベストイレブンが決定! 連覇のカタールから最多4名…日本からは選出なし
アジアサッカー連盟(AFC)は12日、AFCアジアカップカタール2023の大会ベストイレブンを発表した。 開催国カタールが史上5カ国目の大会連覇を成し遂げた今回のアジアカップ。ベスト8が過去最高成績だったヨルダン代表が決勝進出を果たしたほか、初出場のタジキスタン代表が決勝トーナメントへ駒を進めるなど...
別窓で開く

サラー、昨夏に続き今夏もサウジ行きの可能性が浮上…アル・イテハドが再び獲得に動く?
リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーにサウジアラビア移籍の可能性が浮上しているようだ。8日、大手スポーツメディア『ESPN』が報じている。 現在31歳のサラーは、チェルシーやローマなどを経て、2017年夏にリヴァプールに完全移籍し、ここまで公式戦通算332試合の出場で204ゴール8...
別窓で開く

ベンゼマ、指揮官からの指示を無視して練習を途中離脱…単独トレーニングを命じられた際に憤慨か
アル・イテハドに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、トレーニングを途中離脱したようだ。7日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 現在36歳のベンゼマは、リヨンでプロキャリアを歩み始めると、2009年にレアル・マドリードへと加入。約14年間に渡りFWの主力として活躍し、チャンピオンズリーグや...
別窓で開く

アトレティコの“10番”コレアにサウジから熱視線…アル・イテハドが関心も、クラブは残留を希望
アトレティコ・マドリードに所属しているアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアが、サウジアラビアへ移籍するかもしれない。スペインメディア『アス』が29日に報じた。 現在28歳のコレアは、母国のサン・ロレンソから、2014年12月にアトレティコ・マドリードへ完全移籍加入。当初は同年夏に加入する予定だったが...
別窓で開く

アル・イテハド退団が噂されるベンゼマはプレミアで輝けるのか…A・コール氏「100パーセント可能だ」
かつてマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表FWアンディ・コール氏が、アル・イテハドからの退団が噂される元フランス代表FWカリム・ベンゼマについて言及した。23日、イギリス『ベットフレッド』が同氏のコメントを伝えている。 現在36歳のベンゼマは、リヨンでプロキャリアを歩み始める...
別窓で開く

「いずれ世界で3〜4番目のリーグに」 早くも欧州選手が去り、不満が聞かれるサウジリーグに対して太鼓判を押したロナウドの意地と誇り
昨年、サッカー界に一大ムーブメントを巻き起こしたサウジアラビア。オイルマネーの力を存分に発揮して、自国リーグに多くのスター選手を招聘し、サッカー界の勢力構図に変化を起こそうと試み始めた。 自国サッカーの強化・繁栄を課題に挙げ、2034年ワールドカップの開催権まで手中に収めるなど、その勢いは衰えるとこ...
別窓で開く