本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



認知症の新薬「レカネマブ」、1年間使った時の自己負担額は?医療費への影響も【認知症研究者が解説】
600万人を超える国内の認知症高齢者の半数が、アルツハイマー病を原因とする「アルツハイマー型認知症」と考えられています。アルツハイマー型認知症に対する治療薬として使用可能な薬は、これまで4種類しかなく、いずれも一時的に症状を軽減するだけの「対症療法薬」でした。...
別窓で開く

意外!? ワクチン接種経験が認知症発症率に関係か…今、考えられる理由とは【脳科学者が解説】
認知症の原因疾患として知られるアルツハイマー病は、脳の病気であって感染症ではありません。ですから、「ワクチン接種で予防できる」と聞いても、信じられない方が多いのではないでしょうか。ワクチン接種と認知症予防の関係について、現在わかっていることと考えられる可能性をご紹介します。...
別窓で開く

「アルツハイマー病は感染症が原因で起こる」って本当? 意外な関係を、認知症研究者が解説!
■Q. 「アルツハイマー病は感染症が原因」って本当ですか?「アルツハイマー病は感染が原因で起こる」という説があります。本当のことなのか、わかりやすく解説します。Q. 「『アルツハイマー病は感染症が原因』と聞いたことがあるのですが、本当ですか? 人から認知症がうつることはありますか?」 ■A. 人に感...
別窓で開く

9月21日は「アルツハイマー病の日」名医警鐘「便秘だけじゃない!」認知症にならない心得20最新版
 2年後には「高齢者の約5人に1人」が患うという“令和の国民病”。その予防には生活習慣こそが重要だった! 9月21日は、WHO(世界保健機関)が認定した「アルツハイマー病の日」。その日を前に、医療の世界で大きな動きがあった。 8月21日、厚労省の専門家部会で、製薬会社のエーザイなどが開発を進めていた...
別窓で開く

厚労省が8月に承認! アルツハイマー病の進行を遅らせる期待の新薬「レカネマブ」とは?
認知症の原因物質を取り除く、初めての治療薬といわれる「レカネマブ」。これまでの薬とは何が違うのか? 副作用や問題はないのか? 医療ジャーナリストに新薬の真価を聞いた!■今ある薬では病気の進行を抑えられない!厚生労働省の発表によると、2年後の2025年には65歳以上の約5.4人に1人が認知症になってい...
別窓で開く

アルツハイマー病の治療薬完成も高額…まずは生活習慣を正して認知症を予防!「便秘に気をつける」「日光にあたる」無理せず生活して健康に生きるコツ
 9月21日は、WHO(世界保健機関)が認定した「アルツハイマー病の日」。その日を前に、医療の世界で大きな動きがあった。 8月21日、厚労省の専門家部会で、製薬会社のエーザイなどが開発を進めていた新薬『レカネマブ』が承認されたのだ。「これはアルツハイマー病の治療薬で、すでにアメリカでは7月に承認され...
別窓で開く

 認知症の原因の7割近くを占めると言われるアルツハイマー病。その治療薬となる新薬、レカネマブがまもなく国内で正式に承認され、年内にも患者に使用される見通しだ。 とはいえ、一般に処方されるまでにはまだまだ時間がかかりそう。もの忘れが増えたかも? と思ったら、自力で認知症予防の対策をとっておくに越したこ...
別窓で開く

アルツハイマー新薬を国内申請 「現行の健保制度を圧迫する恐れ」辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が1月17日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。製薬大手エーザイが16日、アメリカのバイオジェンと開発した認知症のアルツハイマー病新薬「レカネマブ」の製造販売承認を厚生労働省に申請したことをめぐり、「現行の健康保険制度を圧迫する...
別窓で開く

エーザイ、アルツハイマー治療薬の最新データを発表
米国開催、アルツハイマー病臨床試験会議にて10演題発表エーザイ株式会社(東京都文京区)は、2021年11月9日から12日に米国マサチユーセッツ州ボストンおよびバーチャルで開催されている第14回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)において、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体レカネマブ関する...
別窓で開く

エーザイ、早期アルツハイマー病新薬の生物製剤ライセンスを申請
米国FDAの迅速承認制度に基づきエーザイ株式会社(東京都文京区)とバイオジェン・インク (米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)は、今年6月に米国食品医薬品局(FDA)に迅速承認された、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体レカネマブ(開発品コード:BAN2401)について、早期アルツハイマー病(...
別窓で開く


<前へ1次へ>