本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



恐竜絶滅の要因となった小惑星の衝突は1回ではなかった?新たなクレーターを西アフリカ沖にて発見
西アフリカ沖の地震データを研究している研究者が、恐竜が絶滅した頃に「2度目の大きな小惑星の衝突」があったことを示唆する古いクレーターを発見。恐竜絶滅の原因になった小惑星や隕石の衝突は1回だけではなかった可能性が出てきたのだ。 地質学者のユイスディーン・ニコルソン博士が、石油・ガス会社が有望な掘削場所...
別窓で開く

10チーム以上を渡り歩いたさすらいのプレミアリーガー8人
プレミアリーグの開幕まで1カ月を切り、移籍市場の動きも慌ただしくなってきた。移籍の理由や事情はそれぞれの選手によって異なる。タイトル獲得や欧州の舞台を目指し、ステップアップのために移籍を決断する選手もいれば、出場機会を求めて新天地に向かう選手もいる。クラブ間の事情で移籍が決まる選手も少なくない。...
別窓で開く

ラファ・マルケス氏がバルサに帰還! Bチームの監督に2年契約で就任
バルセロナは14日、元メキシコ代表DFラファエル・マルケス氏がバルセロナ・アトレティク(Bチーム)の監督に就任することを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年間となる。 現在43歳のマルケス氏は、アトラス(メキシコ)、モナコを経て、2003年夏にバルセロナに加入。...
別窓で開く

メキシコの”皇帝”R・マルケス氏、バルセロナ帰還か…バルサBの監督に就任?
かつてバルセロナなどで活躍した元メキシコ代表DFラファエル・マルケス氏が、バルセロナBの監督に就任することになったようだ。28日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 現在43歳のR・マルケス氏は、母国のアトラスやモナコでのプレーを経て、2003年7月にバルセロナに加入。高いディフェンス能力や高精度の...
別窓で開く

ボーイングの有人宇宙船「スターライナー」無人飛行試験から無事帰還
 ボーイングとNASAは2022年5月25日(現地時間)、ボーイングの有人宇宙船CST-100「スターライナー」が国際宇宙ステーションから無事地上に帰還したと発表しました。 今回は無人の飛行試験として打ち上げられましたが、次回以降の有人飛行に向けての機能確認が順調に行えたとしています。...
別窓で開く

11年ぶりのFAユース杯制覇を目指すマンU! 前回優勝メンバーたちの現在地
11日に『オールド・トラッフォード』で開催されるFAユースカップ決勝では、マンチェスター・Uとノッティンガム・フォレストのU−18チームが対戦する。 ノッティンガム・フォレストが1952年に始まった同大会で決勝に進出するのはこれが初めて。一方のマンチェスター・Uは、史上最多となる10度の大会制覇を誇...
別窓で開く

【消えた逸材】「ポグバも霞むほどの天才児」は、やがて「最も才能を無駄にした悪童」に…。29歳の現在はルーニー監督の下で奮闘中!
ラベル・モリソン(MF/ジャマイカ代表)■生年月日/1993年2月2日■身長・体重/175センチ・71キロ とにかく才能に恵まれていた。マンチェスター・ユナイテッドのユースアカデミーでは、同い年のポール・ポグバも霞むほどの天才児だった。 御大アレックス・ファーガソンは断言した。...
別窓で開く

恐竜を絶滅させた小惑星の証拠が恐竜の化石や琥珀から発見される
太古の地球を闊歩していた恐竜。恐竜たちが絶滅した原因の一つに、巨大な隕石の落下に伴う気候変動があると考えられている。恐竜の絶滅の要因になったと考えられているのは、現在のメキシコのユカタン半島に小惑星チクシュルブが墜落したというものだ。しかしこの小惑星がどのような種類の物体で、何でできているのか特定で...
別窓で開く

ベティス、“35歳”MFグアルダードと契約延長! 2023年6月まで
ベティスは24日、メキシコ代表MFアンドレス・グアルダードと2023年6月30日まで契約を延長すると発表した。 現在35歳のグアルダードは母国メキシコのアトラスの下部組織出身で2005年にトップチームデビューを果たすと、2007年夏にデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍。...
別窓で開く

観客による乱闘事件…メキシコ1部のケレタロに1年間ホーム戦無観客や罰金など複数の処分
メキシコ1部のリーガMXとメキシコサッカー連盟(FMF)は8日、観客がスタジアム内で乱闘事件を起こした件について、ケレタロに対して1年間のホーム戦無観客開催処分を下した。同日、リーガMXとFMFの公式サイトが発表している。 5日に行われたリーガMX第9節のケレタロvsアトラス戦では、アトラスが1点を...
別窓で開く


<前へ12次へ>