本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



捨て身のアウディイウカ制圧=短期戦、ウクライナ軍「息切れ」も—ロシア
 ロシア軍は17日、ウクライナ東部ドネツク州の激戦地アウディイウカを包囲の末、陥落させた。元受刑者らの動員で「捨て身」の突撃作戦を強行したと指摘され、ロシア側の死傷者は「1万3000人以上」(米政府推計)。ただ、昨年5月の制圧までにより多くの犠牲を払った同州バフムトと比べて期間も短く、兵力・兵器不足...
別窓で開く

金正恩はロシア軍に学び「韓国とは同族関係ではない」と言い始めた
「北南関係は、これ以上、同族関係、同質関係ではない敵対的な両国関係、戦争中にある両交戦国関係に完全に固着された。」北朝鮮の金正恩総書記は昨年末の朝鮮労働党中央委員会第8期第9回総会拡大会議で、「われわれを『主敵』と宣布して、外部勢力と結託して『政権崩壊』と『吸収統一』の機会だけをうかがう一味を和解と...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】ガザ地区、対テロ戦の行方「戦闘停止判断の裏側」
10月7日、ハマスの奇襲攻撃から始まったガザ戦闘で、イスラエルは12月までに一万カ所の空爆を実行した(写真:AFP=時事)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】ガザ地区対テロ戦の構造
イスラエル軍の攻撃を受けたガザ地区南部のハンユニス。複雑なこの状況を収束させるには、長くて半年程度の時間は要すると予想される(写真:ロイター=共同)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

民間軍事会社の台頭、サイバー攻撃も…変化する“戦争の形”を堀潤が解説
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する連載「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「ワグネル」です。戦争の形に変化。民間軍事会社の需要が増える世界。ワグネルとはロシアの民間軍事会社(プライベート・ミリタリー・カンパニー)です。...
別窓で開く

中国とロシアのコンセンサスがなければ国連憲章は改正できない 「陣取り合戦」の時代に入った国連
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が9月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理の国連総会出席について解説した。言葉を交わすロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主席(ウズベキスタン・サマルカンド)=2022年9月16日 AFP=時事 写真提供:時事通信岸...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】プリゴジン墜落死に関する「情報戦」の構造
かつてはプーチンのコックであり、そして親友、盟友となったプリゴジンも今や冥界へウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

プリゴジン「墜落死」3つの謎とは? プーチンの闇を知る男は"裏切り"から2ヵ月後、やはり消えた——。
戦地から罵詈雑言でロシア軍や国防省を非難するそのキャラクターは人気が高く、出身地のサンクトペテルブルクやワグネルが蜂起したロストフでは追悼スポットが設けられたウクライナ侵攻で存在感を増し、ロシア国民の人気も高かったワグネルのドンが、はるか上空で謎の死を遂げた。...
別窓で開く

北方領土 もしプーチン政権が倒れ「無政府状態」になっても日本はアプローチ継続・上陸で既成事実を 高橋洋一が指摘
数量政策学者の高橋洋一とジャーナリストの須田慎一郎が8月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。北方領土の元島民らによる洋上慰霊について解説した。2023年2月21日、モスクワで連邦議会に対する年次報告演説を行うロシアのプーチン大統領(タス=共同)北方領土の「洋上慰霊」始ま...
別窓で開く

玉川徹氏、「ロシアでは玉川さん危ない」専門家から言われ動揺、言葉続かず
29日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、レギュラーコメンテーターの玉川徹氏が、軍事専門家からの一言に動揺する一幕があった。 この日紹介された話題は、ロシアの民間軍事会社ワグネルの創設者エフゲニー・プリゴジンが搭乗していたと見られる飛行機が墜落され、死亡したというニュース。...
別窓で開く


[ ワグネル ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ 北方領土 ロシア

<前へ1234567次へ>