本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■収益源のアリババが減収→株式売却へ2022年4〜6月期、ソフトバンクグループ(SBG)の最終損益は、3兆1627億円の赤字だった。ビジョンファンドの投資先企業の株価下落が響いた。株価下落の原因の一つはインフレ退治のために米国の連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な追加利上げを余儀なくされていることだ...
別窓で開く

■主力の広告事業に陰りが見え始めた7月26日に、グーグルの持ち株会社である米アルファベット(以下、グーグル)が4〜6月期の決算を発表した。最終利益は前年同期比14%減の160億200万ドル、2四半期連続の減益に陥った。主力の広告事業の成長鈍化が顕著だ。それは、サブスクリプション型のビジネスモデルの行...
別窓で開く

恵俊彰にスザンヌも、“学び直し”芸能人増加の背景に「テレビ局の衰退」と「タレントのリストラ」
恵俊彰、スザンヌ、橋幸夫■《35歳の大学生になることを決意しました》 4月12日、インスタグラムで、日本経済大学の福岡キャンパス芸創プロデュース学科に進学したことを明かしたスザンヌ。「10代のころに一度中退した、通信制の出身高校に昨年復学しました。...
別窓で開く

ビジネス誌各誌が予想する「ウクライナ侵攻」の影響は? 週刊エコノミスト「世界大動乱」、週刊東洋経済「M&A」、週刊ダイヤモンド「物流危機」も特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ユーラシア2大国と欧米の新冷戦時代に「週刊エコノミスト」(2022年3月15日号)ロシ...
別窓で開く

本を読まない人に必要な「ある才能」とは
 2022年が始まった。今年こそダイエットに成功したい、今年こそ好きな人と結婚したい、今年こそ転職したい、今年こそ......と決意を新たにした人も多いだろう。 変化を求める気持ちが高まる新年にふさわしい一冊が、こちら。...
別窓で開く

首位、一橋大を追う 慶大はメキシコペソ、英ポンドの明大、早大と同志社大は米ドルで勝利!(第24節)【FX大学対抗戦 Bグループ】
首位を走る一橋大学のボンゴレさんは、メキシコペソで今週(2021年11月1日週)もプラスを確保。「ギリギリ難局を乗り越え」ポジションを継続保有する。他の大学が、どこまで追い詰めていけるのか——。慶応義塾大学の2Gさんは原油価格の高騰に注目しながら、メキシコペソ円に挑戦。ヒヤヒヤしながらも、ほぼ狙いど...
別窓で開く

一橋大がコツコツ作戦で首位固め、明大は英ポンドで、慶大と同志社大はスキャルピングで利益(第22節)【FX大学対抗戦 Bグループ】
FX大学対抗戦は第22節(2021年10月18日週)を迎えた。Bグループのトップを走る一橋大学のボンゴレさんは、「月末は大学のレポートなどであまりチャートを見ることができなさそう」であることを見越して、スワップポイントを貯められるメキシコペソでコツコツと稼ぐ作戦だ。慶応義塾大学の2Gさんは、なかなか...
別窓で開く

コツコツと首位固めの一橋大 猛追する早大と明大、足踏みの同志社大、慶大(第20節)【FX大学対抗戦 Bグループ】
第20節(2021年10月4日週)を迎えたFX大学対抗戦。Bグループは、一橋大学のボンゴレさんが頭一つ抜けた。これまでスワップポイントでプラスを積み上げる戦略がハマっており、今週もコツコツと利益を積み上げた。早稲田大学のNAKAMURAさんが100万円割れから猛追。「これまでで最も長期間、かつ高利益...
別窓で開く

米ドル、FRBのテーパリングの動向次第? 明大が後退、慶大と同志社大は様子見(第16節)【FX大学対抗戦 Bグループ】
今週(2021年9月6日週)の米ドル円はレンジ相場。「本当に値動きがありませんでした」と漏らす明治大学の佐野諒さんは、それでも果敢に米ドル円を売りでエントリー。9月3日に発表された米国の雇用統計でテーパリング(量的緩和の縮小)期待が後退したところを狙ったが、うまくいかなかった。現在も保有中。...
別窓で開く

同志社大が「得意技」で利益を積み上げ、明大もプラス どうした慶大!?(第9節)【FX大学対抗戦 Bグループ】
同志社大学のFOXさんは今週(2021年7月19日週)もロンドンオープンを狙い、21日(水)に英ポンド円を買い、利益を得た。「ロンドンオープンでのレンジブレイクの勝率は100%」と自信がチラリ。夏休みにもっと試して「精度を高めていきたい」という。明治大学の佐藤諒さんはプラスを着実に積み上げたものの、...
別窓で開く


<前へ12次へ>