本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の経済はなぜ「40年間一人負け」なのか 平均年収は韓国以下に
 30年間も給料が上がらない日本は、経済が戦後の焦土さながらのどん底——。内閣府特命顧問も務めた経済学者の島田晴雄氏はそう見る。しかるに岸田総理が掲げる「新しい資本主義」は単なる項目の羅列だが、島田氏によれば、どん底から抜け出る策はあるという。 ***〈日本人の賃金が上がらない。それが世界の趨勢なら...
別窓で開く

「国民負担率」はどこまで上がるのか。社会保険料や税金の負担が年々重くなるワケ
− 国民負担率の推移や国際比較を確認 −額面の給料に比べて、手取りが思った以上に少ないことに愕然としたことはありませんか。財務省のサイトでは「令和4年度の国民負担率は、46.5%となる見通しです」と公表されています。国民負担率とは、国民の所得に対する税金や社会保険料などの支出の割合のこと。この比率が...
別窓で開く

「人気取りのバラマキが国を滅ぼす!」財務次官の反乱に岸田首相も激怒 裏には財務省の増税シナリオ?
「まるで古代ローマ時代のパンとサーカスのようだ」財務省の矢野康治事務次官(58)が、岸田文雄首相の経済政策や与野党の選挙公約を「人気取りのバラマキだ」として公然と批判する投稿を、月刊誌「文藝春秋」(2021年10月8日発売)に寄せた。現役トップ官僚が、政権を批判するのは極めて異例だ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>