本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



脱炭素にはつながらない嘘だらけのEV推進政策——岡崎五朗(日本自動車ジャーナリスト協会理事)【佐藤優の頂上対決】
 世界各国でガソリン車からEVへの急速な転換が進められている。言うまでもなくカーボンニュートラルのためだが、そもそも「EV=クリーン」は真実なのか。また世界の自動車メーカーは、ほんとうにEVへ舵を切ったのか。モーター・ジャーナリストの第一人者が危惧するEV推進の陥穽。...
別窓で開く

脱原発にのめり込み過ぎた結果、欧米からハシゴを外される一部始終
 新年が明けて、日本も欧州も寒い冬がやってきました。 東京では久しぶりの大雪が降り、たった5cmしか積もらなかったのに大騒ぎとなって大雪警報まで発令される始末で、北海道や秋田の皆さんから北から目線のご心配の声を頂戴したのはありがたい限りです。大きなお世話なんじゃあーっ。...
別窓で開く

全国から厳選! お取り寄せしたい“ローカルチョコレート”6選
にっぽんのローカルチョコレートを旅する気分でお取り寄せ。全国各地にある人気店のとっておきチョコレートを、旅好き、甘いもの好きの3人がセレクト。あれこれお取り寄せして、おうちにいながら“にっぽん全国スイーツの旅”へ。ひと目で心ときめく! チャーミングなルックスに夢中。クラシカルなパッケージ、ラブリーな...
別窓で開く

韓国研究機関「韓国の国民年金は2055年に枯渇、90年生まれから一銭も受給できず」 「返せ!」「ETFに投資する」ネット民
激な高齢化で韓国の国民年金が2055年には完全に枯渇し、1990年生まれからは国民年金を受け取れないという分析が出た。つまり韓国で現在33歳以下の人間は国民年金を払っていても一銭も受け取れない可能性があるということだ。...
別窓で開く

中国の実験成功は第2のスプートニク・ショック! 新たな核の運搬手段「極超音速ミサイル」超入門
東西冷戦時代から現在に至るまで、戦略核兵器といえばイコール「弾道ミサイル」だった。各国はそれを迎撃するためのミサイル防衛網を発達させ、パワーバランスを保ってきた。しかし、そのゲームのルールをひっくり返しかねない新兵器を中国が完成させつつある。その脅威の全貌を緊急検証!* * *■米軍の防衛網では迎撃...
別窓で開く

韓国人が最も信頼する国は米国、最も信頼していない国は?=韓国ネット「いつか戦争になりそう」
2022年1月12日、韓国・中央日報は「韓国人が最も信頼する国は『米国』であることが分かった」と報じた。記事によると、ソウル大学アジア研究所は12日、「2021韓国人のアジア認識アンケート調査結果分析報告書」を公開。韓国の成人男女1031人を対象に、米国、日本、中国、フランス、豪州、ドイツ、タイ、ベ...
別窓で開く

「韓国人が信頼する国家」米国がトップ…中国最下位、日本はワースト2位=韓国報道
ソウル大アジア研究所は12日、韓国人が最も信頼し協力する必要性が高い国家として「米国を考える」との世論調査結果を発表した。一方、中国と日本は最も信頼していない国家に挙げられた。研究所は昨年12月、世論調査会社の韓国リサーチに依頼し、成人男女1031人を対象に米国、中国、日本、フランス、オーストラリア...
別窓で開く

EU、2050年までに5000億ユーロを「新規原発」に投資
EU(ヨーロッパ連合)が “炭素排出量を削減”し “電力需要を満たす”という「二兎を追う」のであれば、2050年までに新規原子力発電所に5000億ユーロ(約65兆6700億円)を投資しなければならないという内部診断が明らかとなった。...
別窓で開く

いまや世界各地で人気を集めている日本食。それに伴い、日本食に欠かせない調味料・しょうゆも世界に浸透しつつある。アメリカ、中国、イギリスなど世界各国に輸出され、現地生産もされている。しかし、アジアのある大国へは進出がままならなかった。約14億人の人口を抱えるインドである。製造上の食品規制が厳しかったこ...
別窓で開く

旅客需要が激減し、エアライン各社は超大型機エアバスA380の使い道に頭を抱えている。だが、中東・ドバイを拠点とするエミレーツ航空は異なる。航空ジャーナリストの北島幸司は「エミレーツ航空はコロナ禍でも超大型機を飛ばし続けている。その理由を探ると、小さな国のエアラインという特別な事情が見えてくる」という...
別窓で開く


[ ランス03 ドイツ ] の関連キーワード

インド