本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「大谷翔平に負けない」世界で売れる日本発の音楽を! プロデューサー木﨑賢治の新たな挑戦
音楽プロデューサー歴50年の木﨑賢治氏。前編では、「現役」であり続ける原動力について聞いたが、今回は「未来」の話を。彼は今、「JTW(JAPAN TO THE WORLD)PROJECT」というオーディションを進めている。世界に通じるアーティスト、楽曲をつくるためだ。ストリーミングの時代だからこそ日...
別窓で開く

20世紀初頭のウィーンで活躍した画家エゴン・シーレ。彼はたくさんの若い少女たちをナンパし、アトリエに連れ込み裸体を描いた。その結果、誘拐容疑で投獄された。アートディレクターのナカムラクニオ氏は「彼は、タブーとされた性の表現を強調すればするほど、純粋な精神に近づくと考えていた」という——。※本稿は、ナ...
別窓で開く

田中圭が史上最強にかわいい『総理の夫』を全力で解説する
俳優の田中圭が大好きだ。ブレイクのきっかけとなった『おっさんずラブ』、妻が妊娠中に不倫する男を演じた『東京タラレバ娘』、そして近年のヒット作『あなたの番です』など、甘いルックスはもとより、善良な役にもクズな役にもハマる演技の幅の広さがあり、どんなキャラでもずっと観ていたくなるほどに魅力的なのだから。...
別窓で開く

◆運気をバカにする男は成功しない、苦境をどうサバイブすべきか カレンダーに記される大安、仏滅などの「六曜」に、春分、冬至などの「暦注」。“運勢”をみる行いは日本人にも馴染み深いが、惑星と星座の関係性から未来を予測する“占星術”も的中率は高い。コロナ禍の到来を言い当てたことでテレビにも引っ張りだこの占...
別窓で開く

一番美味しいメロンパンはどれ? コンビニ4社の「メロンパン」を食べ比べてみた!
食楽web 最近、コンビニのパンがやたらと美味しくなった気がします。パン屋さんかと思うほど種類豊富で、新商品も続々登場するし、眺めているだけでも楽しいですよね。特に筆者が好きなのは定番のメロンパンです。パンの中でもひときわ大きく、サクッとしたクッキー生地。噛むとバターの香りがパッと広がり、中はフワフ...
別窓で開く

社員2人の会社が年600万トンの食品ロスに挑む!生産者とハイブランドを“つなぐ”フードロスバンクの取り組み
テレビ朝日が“withコロナ時代”に取り組む『未来をここからプロジェクト』。『報道ステーション』では、多岐にわたる分野で時代の最先端を走る「人」を特集する企画『未来を人から』を展開している。今回取り上げるのは、社会の食品ロスを解決すべく、人と人をつなぐ株式会社FOOD LOSS BANK(フードロス...
別窓で開く

<W寄稿>未開な朝鮮と開化した日本の接点となった朝鮮通信使・修信使(1)=韓国が誤解する日韓歴史
※相当部分は「日本で笑いものになった朝鮮修信使」(ペン・アンド・マイク、2021.8.27)の内容を参照しています。朝鮮王朝は壬辰倭乱(※訳者注:豊臣秀吉による1592〜1593年の文禄の役、広い意味では1597〜1598年の慶長の役を含め日朝明の戦乱)で日本との国交が断絶されたのだが、1607年(...
別窓で開く

大男たちが一投一打に命を懸けるグラウンド。選手、ファンを一喜一憂させる白球の行方——。そんな華々しきプロ野球の世界の裏側では、いつの時代も信念と信念がぶつかり合う瞬間があった。あの確執の真相とは? あの行動の真意とは?’75年、好成績を残しながらも心身ともに疲弊した江夏。野村克也との邂逅で、第二のプ...
別窓で開く

岡田将生(32)が明かす“女子アナ恋人”への本音「頭がいいひとがいいですよね、僕アタマ悪いんで」《3人の元夫との交友録》
 今年、芸歴15周年を迎えた岡田将生(32)。甘いマスクで若い頃からイケメン俳優として人気を博していたが、ここへきて“実力派俳優”としても存在感が際立ってきた。今年4月から6月まで放送された「大豆田とわ子と三人の元夫」(関西テレビ)はギャラクシー賞2021年6月月間賞を受賞している。...
別窓で開く

ACL出場権を巡る神戸と鹿島の直接対決は、選手個々の状況判断がカギ!プロ分析官が注目の一戦を徹底展望!
 J1リーグは8月21日、第25節の9試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸では、勝点41で並ぶ5位ヴィッセル神戸が、3位鹿島アントラーズを迎え撃つ。3位までに与えられる来季のアジア・チャンピオンズリーグ出場権を争うライバル同士の直接対決だ。...
別窓で開く


[ ランス3 武器屋 ] の関連キーワード

love acl 刀根山

<前へ123456789次へ>