本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【NBA】“月間トリプルダブル”に迫ったドンチッチが2月のMVPに選出!テイタムは今季リーグ唯一の2度目の受賞<DUNKSHOOT>
現地時間3月4日、NBAが2023−24シーズン2月の月間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからボストン・セルティックスのジェイソン・テイタム、ウエスタン・カンファレンスからダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが選出された。 期間中の全10試合に出場したテイタムは、平均27.2点、8...
別窓で開く

NBAオールスターの先発メンバー発表、レブロンが史上最多20年連続出場!7年ぶりに東西対抗形式が復活【ファン投票最終結果】<DUNKSHOOT>
現地時間1月25日、NBAが2月18日にインディアナ州インディアナポリスで開催する「NBAオールスターゲーム2024」に出場するスターター(先発メンバー)を発表した。 スターターは昨年12月19日から1月20日にかけて行なわれたファン投票のほか、現役NBA選手とメディア投票を合わせたポイントで決定(...
別窓で開く

「こんなの誰が気にするか」。『ESPN』のプレーヤーランキングで34位のアービングが反論「何の意味もない」<DUNKSHOOT>
現地時間10月12日、米スポーツ専門局『ESPN』は、2023−24シーズン開幕に向けた「NBAプレーヤーランキング」のフィナーレとして、トップ10選手を公開した。 No.1の座に立ったのは、ギリシャ出身でミルウォーキー・バックスの絶対的エース、ヤニス・アデトクンボ。...
別窓で開く

現代の選手にオラジュワンのスキルは不要?アリナスが持論「誰も望んでいない。若者に5万ドルも請求して恥を知るべき」<DUNKSHOOT>
現代のNBAを代表するスーパースターであるヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)は、2023ー24シーズンに向けて、殿堂入りセンターのアキーム・オラジュワンとワークアウトする計画を明かした。 これを受けて、元NBA選手のギルバート・アリナスは、大金を費やしてまで一緒にトレーニングするメリッ...
別窓で開く

レブロンは78、アービング&ザイオンは81…。大型新人ウェンバンヤマの“2Kレーティング”はドラ1史上最高?<DUNKSHOOT>
今年のドラフトでサンアントニオ・スパーズから全体1位指名を受けたヴィクター・ウェンバンヤマ。身長224㎝ながら高いシュート力とハンドリング能力を備える規格外の新人は、サマーリーグでは2試合の出場で、FG成功率40.7%とシュートタッチに苦しんだものの、それでも平均18.0点、10.0リバウンド、4....
別窓で開く

ハーデン、アービング、グリーンに八村&渡邊。今夏の注目FA選手を総ざらい!<DUNKSHOOT>
デンバー・ナゲッツが球団史上初の王座に就いて幕を閉じた2022−23シーズンのNBA。現地時間6月15日(日本時間16日、日付は以下同)にはデンバーで優勝パレードが行なわれ、選手たちは地元ファンと優勝の喜びを分かち合った。 NBAはオフシーズンに突入し、6月22日にはドラフトが開催されるが、毎年恒例...
別窓で開く

「カイリー獲得のために犠牲にしたものが気に入らなかった」名手カーターが古巣マブズの問題点を指摘<DUNKSHOOT>
今季のダラス・マーベリックスは4年ぶりにプレーオフ進出を逃し、早々にシーズンが終了した。フランチャイズOBで現在は『ESPN』のアナリストを務めるヴィンス・カーターが、古巣のチーム作りにアドバイスを送っている。 チームは2018−19シーズン以降、大型ポイントガードのルカ・ドンチッチを中心にチーム作...
別窓で開く

八村塁の“ダンク阻止”ブロックがNBAトップ10の3位に選出!攻守両面でレイカーズ移籍後最高の輝き<DUNKSHOOT>
日本バスケ界の至宝、八村塁がロサンゼルス・レイカーズ移籍後、最高の輝きを放った。 現地時間4月2日、敵地トヨタ・センターで行なわれたヒューストン・ロケッツ戦に途中出場した八村は、24分57秒のプレーで1月23日の移籍以降では最多となる20得点を奪取。プレーオフ進出に向けて必勝態勢のなか、134−10...
別窓で開く

今季のMVPはエンビード?米メディアのタイトル予想で1位浮上、シクサーズOBの“ドクターJ”アービングも「彼なら筋が通っている」と猛プッシュ<DUNKSHOOT>
現地時間3月20日(日本時間21日、日付は以下同)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズはホームのウェルズファーゴ・センターでシカゴ・ブルズと対戦し、最終スコア105−109で敗戦した。 試合は第4クォーター残り33.1秒、タイリース・マキシーのレイアップでシクサーズが同点に追いつき延長へ突入。...
別窓で開く

得点レースはエンビードとドンチッチによる首位争い!3ポイント成功率“隠れ1位”の渡邊雄太は規定到達が困難に【NBA個人成績ランキング】
現地10月18日に開幕したNBAの2022−23シーズンも、早くも終盤戦に突入。82試合のうち各チームとも65試合以上を消化し、残り1か月で15試合強とラストスパートに入っている。 ここではチームの順位争いとは別に、もうひとつ注目の個人成績ランキングを紹介。得点、リバウンド、アシストの主要3部門と、...
別窓で開く


[ ヤニス ジェームズ アービング ] の関連キーワード

dunkshoot espn レブロン nba カータ
カイリ ダンク

<前へ123456次へ>