本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



次世代モビリティ産業の展示会!パシフィコ横浜「横浜ロボットワールド2022」小峰無線電機
小峰無線電機が「横浜ロボットワールド2022」の【小間位置 2-9】にブース出展!主にGNSS対応アンテナ及び周辺機器などの新製品を展示します☆ パシフィコ横浜「横浜ロボットワールド2022」小峰無線電機   開催日時:2022年12月7日(水)、12月8日(...
別窓で開く

“道路に塗るだけ“の自動運転インフラって? 大津市内で自動運転バス試験運行 走行路に特殊塗料
決まったルートなら自動運転最強?路面に塗料を塗るだけでバスが動く!? 日本ペイントホールディングスは、2022年12月10日〜2023年2月28日の間、自動運転装置を搭載した小型ディーゼルバス及び小型電気バスを滋賀県大津市で試験運行すると発表しました。...
別窓で開く

「東京モーターショー」名称変更して復活!世界的縮小傾向も“反転攻勢”なるか
(画像)StreetVJ / Shutterstock.com11月18日、日本自動車工業会が、来秋4年ぶりに開催予定の「東京モーターショー」を「ジャパンモビリティショー2023」に名称変更すると発表。これで崖っぷちに立たされた同イベントの〝反転攻勢〟なるかと話題を呼んでいる。...
別窓で開く

F1ドライバー、セルジオ・ペレスが講師として登場! ホンダの若手ドライバー育成プログラムは何を目指すのか?
ペレスがHRSの講師としてスクールに参加するのは今回のみの予定。今後はレッドブルかアルファタウリのドライバーの誰かがアンバサダーとして講師を務める予定だ■ペレスがスクール生に送った言葉ホンダの若手ドライバー育成プログラム、「ホンダレーシングスクール鈴鹿(HRS)」。...
別窓で開く

地図から消える「ローカル線」問題...解決に向け、新しいモビリティサービスの可能性探る
日本の鉄道開業150年の今年(2022年)7月、国土交通省は、一部のローカル線について今後のあり方を議論すべきという提言を発表した。そんななか、本書「地図から消えるローカル線」(日経BP)では、「鉄道の役割を見直す必要がある路線」を具体的に示しながら、新しいモビリティサービスを生み出す方策を提案して...
別窓で開く

日本製「空飛ぶクルマ」ベトナム企業から大量受注 深刻な渋滞問題の切札になるか?
国交省に型式証明の取得申請を提出済み。ベトナムでの渋滞問題を解決する手段として「空飛ぶクルマ」や「物流ドローン」などを開発するスカイドライブ(愛知県豊田市)は、ベトナムのPacific Group(パシフィック・グループ)と、空飛ぶクルマ導入に関する覚書を2022年11月28日に締結しました。...
別窓で開く

英トップギア、韓国起亜自動車を最優秀自動車メーカーに選出
英国「トップギア」(Top Gear)は、「今年の自動車メーカー」(Manufacturer of the year)に韓国の起亜自動車を選出した。昨年の現代自動車に続き現代自動車グループが2年連続での受賞となった。昨年は新発売の起亜EV6が「クロスオーバー・オブ・ザ・イヤー」部門を受賞している。...
別窓で開く

自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ
(トヨタ自動車の中で最も納入が難しいランドクルーザーは現在注文は中止となっている(C)共同通信社) 自動車大手7社の2022年9月中間決算は、円安を追い風に各社大幅な増収となった。 一方、部品メーカーは半導体など部品の供給不足による生産調整が広がり、販売会社(ディーラー)は生産が追いつかず、納車が長...
別窓で開く

パナソニック、自走するロボットが公道で単独販売を行う実証実験 国内初
 パナソニックホールディングスは11月30日、自動走行するロボットが公道で単独販売を行う実証実験を行うと発表した。場所は東京都千代田区の丸の内仲通り周辺。大手町・丸の内・有楽町地区(通称、大丸有地区)で進められている「スマートシティモデルプロジェクト」の一環として行う。公道でロボットが単独販売を行う...
別窓で開く

2022年のF1を席巻したレッドブル、他の追随を許さなかった強さの理由を3つの視点から考察する【識者の目】
11月最後の週末、ホンダ・レーシング・サンクスデーが開催されたモビリティリゾートもてぎには、2年連続でのF1王者に輝いたマックス・フェルスタッペンとランキング3位という成績を残したセルジオ・ペレスの姿があった。...
別窓で開く