本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

「韓国の負債比率上昇続けば、ムーディーズの国家信用格付は10年後降格」シンクタンク分析
韓国の国家負債比率がこのまま上昇し続ければ、10年後に国家信用等級(ムーディーズ基準)が一段階降格されるという分析が出ている。韓国経済研究院(KERI)は16日、報告書「国家負債比率と国家信用等級及び成長率の間の関係分析と示唆点」を公表し、「国家負債比率が持続して上昇する場合、韓国は降格する閾値に達...
別窓で開く

AIを使うグローバル株式運用で頭抜けた運用効率実現、「ディープAI」が予見させる次世代型の運用とは?
 アセットマネジメントOneが設定・運用する「AI(人工知能)活用型世界株ファンド(愛称:ディープAI)」は、2021年のシャープレシオは4.37と、類似ファンド分類(国際株式・グローバル・除く日本・為替ヘッジなし)平均を1.26上回り、類似ファンド分類内で118本中第1位の非常に優れた運用の効率性...
別窓で開く

<W寄稿>韓日間の「国家競争力・信用等級」逆転は相当部分が「錯視効果」だ=韓国経済の「時限爆弾」
韓国がIMD(国際経営開発研究所: International Institute for Management Development)の国際競争力ランキングが始まって以来、30年経って初めて、日本を上回ったと韓国メディアが一斉に報道した。2020年基準の韓国の国家競争力ランキングは23位となった...
別窓で開く

6.「経営本」に欠けるもの(食品新聞) 2021年04月05日10時42分
「経営本」に欠けるもの
本は当たり外れがある。「グループ経営入門」(松田千恵子著、税務経理協会)はタイトルに惹かれて購入したが凡庸な本だった。奥付をみると著者は長銀出身。ムーディーズで信用格付をやっていた人らしい。帯に「グローバルな成長のための本社の仕事」とあったが、そんな経験していないじゃないかと突っ込みたくなる。...
別窓で開く

LFPは “危険なワナ”に陥った? 放映権「215億円」の不払い疑惑騒動でフランス・フットボール界に激震走る【現地発】
 フランスのフットボール界に激震が走っている。 スペインのバルセロナに本拠を置き2020〜2024年のリーグアン(1部)とリーグドゥ(2部)放映権を落札した「メディアプロ」が、コロナ禍などの影響で経営難に陥り、10月5日に予定されていたフランスのプロフットボールリーグ機構(LFP)に対する1億720...
別窓で開く

韓国与党代表「韓国が正しかった。主要国信用格付けが引き下げられる中、韓国はAA-」=韓国
国際格付け会社フィッチ(Fitch)が韓国の国家信用格付けをAA-で維持した中、イ・ナギョン(李洛淵)共に民主党代表は7日、「フィッチの評価は、韓国の選択が正しかったということを示している」と明らかにした。イ代表はこの日、自分のフェイスブック文を通して「すべての国民が新型コロナウイルスへの対応に最善...
別窓で開く

新たな「常態」に回帰するインド経済 <HSBC投信レポート>
■マーケットサマリーインド株式市場は、3月下旬以降、欧米における新型コロナウイルスの感染拡大のピークアウトを背景に世界の株式市場が反発する中で、戻り相場を続けている。最近では、インド国内における経済活動の段階的な再開も株式市場のサポート要因となっている。...
別窓で開く

新たな「常態」に回帰するインド経済<HSBC投信レポート>
 2020年7月8日、HSBC投信は、「新たな「常態」に回帰するインド経済」と題するレポートを発信した。 <レポート>インドでは、人の移動を示すデータや各種経済指標は、経済活動が概ね4月に底を打ったことを示している。5月から6月にかけては、景気回復の勢いが増す傾向が見られる。...
別窓で開く


<前へ1次へ>