本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



6日間で「ワクチン2回接種」を推奨? 厚労省の呼びかけに思わぬ波紋...ツイートの真意は
厚生労働省がSNSで投稿した新型コロナウイルスワクチン接種の呼びかけが波紋を広げた。2022年12月26日に「年内に1・2回目接種を完了することをご検討ください」と投稿。これが、年内残り少ない日数で「ワクチン2回接種」を求めているのではないかと受け取られ、「間隔あけなくていいの?」と疑問の声が相次い...
別窓で開く

11月末、塩野義製薬の新型コロナウイルス感染症治療薬「ゾコーバ(エンシトレルビルフマル酸)」が厚生労働省によって緊急承認された。すでに100万人分を購入しており、最近も100万人分の購入を追加契約したという。この薬に関しては期待の声もあがる一方、十分な効果が見込めるのか、需要はあるのか、そもそも緊急...
別窓で開く

オミクロン株対応ワクチン、対象や時期は? 安住紳一郎アナ「ここが一番気になるところ」
「けさ9日(2022年8月)の『THE TIME,』のニュース関心度の1位だったのは、新型コロナの新しいワクチンに関するニュースでした。10月にも始まるかも知れません」と宇賀神メグ・アナウンサーが伝えた。それに続いて、司会の安住紳一郎が「きのう厚生労働省がオミクロン株に対応した新しいワクチンについて...
別窓で開く

【フィリピン・セブ】日本帰国のためのRT-PCR検査、フィリピン航空提携・UCMed
 2022年8月4日、日本からフィリピンへは、ファイザーやモデルナなどの新型コロナワクチンを、3回接種していれば陰性証明は不要だ。しかし日本入国時(帰国時)には、出発国でフライトの72時間以内に採取した検体の「新型コロナウィルス感染症・陰性証明書取得」が義務付けられている。...
別窓で開く

一生打ち続けるのか!?コロナワクチン「5回接種で死者急増」「7回で半数死亡」衝撃警告を葬るな!
 昨年秋、免疫医学と抗体研究の専門家として知られる東京理科大学の村上康文名誉教授が、新型コロナワクチンの接種回数について次のような警鐘を鳴らし、波紋を広げた。「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増。7〜8回繰り返すと半分近くが死亡するという、動物での研究結果もある──」...
別窓で開く

ワクチンの「緊急承認」新設も… 改正「医薬品医療機器法」が成立
 感染症の流行などの緊急時に新たに開発されたワクチンや薬などの速やかな実用化を目指す「改正医薬品医療機器法」が5月13日、参議院本会議で全会一致で可決、成立しました。 改正法には臨床試験の最終結果が出る前でも有効性があると推定されれば承認できる「緊急承認」制度を設けることが新たに盛り込まれました。...
別窓で開く

新学期を来月に控え「5歳から11歳の小児に対するワクチン接種を急ぐ」 = 韓国
オミクロン株の感染拡大により、新型コロナウイルスの感染者が17万人を突破した。(23日午前0時基準) このうち、ワクチン接種率の低い10代以下の小児は、5万人に迫り、全体の4分の1を占めている。これについて韓国政府は、小児の感染拡大が深刻であると判断し、23日、食品医薬品安全処(食薬処)が許可した小...
別窓で開く

日本政府「ファイザー接種者、ブースターショットにはモデルナがより効果的」=韓国報道
米ファイザー接種者が、追加接種(ブースターショット)には同じファイザーワクチンより、モデルナワクチンを接種する方が効果的だという研究結果が出た。18日、NHKなど日本メディアは、日本政府はファイザーを2回接種した後、モデルナワクチンを追加接種することが、ファイザーワクチンを3回接種するより、新型コロ...
別窓で開く

留学生の入国を認めないことで失われている「日本の国益」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月15日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。厚生労働省がアメリカ・ファイザー社と1000万回分のワクチン追加購入の合意に至ったことを発表したニュースについて解説した。...
別窓で開く

モデルナ製での追加接種はどうなの? —オミクロン株に対する有効性と副反応
オミクロン株が急拡大する中、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの追加接種がやや低調です。ファイザー製かモデルナ製の選択可能な自治体が多く、モデルナ製の副反応が多いようだとする報道を受けて迷っている方もおられるようですが、実際の抗体価や有効性、副反応はどうなのでしょうか?モデルナ製ワ...
別窓で開く


[ ファイザ 労働省 ] の関連キーワード

ucmed フィリピン ファイザ ゾコーバ

<前へ123456次へ>