本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「不毛の地」米国で注目高まる=次回開催の後押しに—W杯サッカー
 【ニューヨーク時事】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、2大会ぶり出場の米国が16強入りを果たした。3日の決勝トーナメント1回戦でオランダに敗れたが、米国内でもサッカーへの注目度が上昇。若いチームの健闘は、カナダ、メキシコと共催する2026年大会へ大きな後押しとなりそうだ。...
別窓で開く

夜に「パン、パン」と銃声、「戦場のような事件」も起こり…“アメリカ危険都市”に住んだ朝日新聞記者の現場報告
 米大統領選挙や中間選挙で激戦州として注目されるアメリカ・ペンシルベニア州。その州の小さな町・ヨークに移り住み、“断絶”されたアメリカ社会のリアルを取材したのが、朝日新聞記者の大島隆氏だ。 ここでは、大島氏の著書『 「断絶」のアメリカ、その境界線に住む ペンシルベニア州ヨークからの報告 』(朝日新聞...
別窓で開く

16歳の黒人少年が「銃弾が背中から胸を貫通」した状態で発見され…朝日新聞記者が明かす“アメリカ危険都市の実態”
夜に「パン、パン」と銃声、「戦場のような事件」も起こり…“アメリカ危険都市”に住んだ朝日新聞記者の現場報告 から続く 米大統領選挙や中間選挙で激戦州として注目されるアメリカ・ペンシルベニア州。その州の小さな町・ヨークに移り住み、“断絶”されたアメリカ社会のリアルを取材したのが、朝日新聞記者の大島...
別窓で開く

エヴァ・メンデス、ライアン・ゴズリングを「夫」呼び 極秘結婚説が濃厚に
映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(2012)の共演をきっかけに交際を開始し、8歳と6歳の娘がいるエヴァ・メンデスとライアン・ゴズリング。これまで幾度となく結婚の噂が浮上したが、この度エヴァがテレビ番組のインタビューでライアンのことを「夫」と呼び、再び注目を集めている。...
別窓で開く

アメリカとイギリスでの「リベラル」の正しい意味とは?
アメリカの中間選挙が行われ、当初の予想に反して接戦となっていて、まだ大勢が判明していない。アメリカの場合、共和党が保守で、民主党がリベラルと言われているが、日本人にはその区別がつきづらいかもしれない。そこで評論家の八幡和郎氏にイギリスとアメリカを例に「リベラル」について解説してもらいました。...
別窓で開く

「3つに分かれるアメリカ」の今後 〜米 中間選挙 11月8日に投開票
ジャーナリストの須田慎一郎が11月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現地時間11月8日に投開票される米中間選挙について解説した。3日、米ホワイトハウスで演説するバイデン大統領(ロイター=共同)=2021年8月3日 写真提供:共同通信社アメリカ中間選挙、11月8日に投開票...
別窓で開く

「米国社会について真実を言っていたのはトランプのほうだった」エマニュエル・トッド見抜いた「トランプ支持者の合理性」
「中国が脅威になることはない」知の巨人エマニュエル・トッドが語った「世界の正しい見方」 から続く「ふつうの有権者の視点から見て、米国社会について真実を言っていたのはトランプのほうだったのだ」——2016年のアメリカ合衆国大統領選挙で、なぜアメリカ人の多くがトランプを支持したのか? 知の巨人エマニ...
別窓で開く

共和党は、白人中心の党だ。トランプが16年の大統領選挙で得た票のうち、88%までが白人票で占められている。ヒスパニック系は6%、アジア系が含まれるその他は4%で、黒人票は1%にも届かない。2018年時点で、アメリカの全人口に占める白人の割合は60.5%で黒人は12.5%であるのと比べると、トランプ支...
別窓で開く

連続14時間勤務、トイレにも自由に行けず……ジェフ・べゾスが家政婦に訴えられる
Amazon創業者のジェフ・ベゾスが、かつて雇っていたハウスキーパーに訴訟を起こされた。原告は、2019年に“ベゾスや家族の目に入らないように働く”家政婦として採用されたメルセデス・ウェダさん。NBCによると、ウェダさんは休憩なしで14時間にも及ぶシフトにたびたび入っていたが、「合理的に行けるトイレ...
別窓で開く

エリート会社員や起業家など華々しい男性にスポットライトが当たる一方で、特別な才能がなくお金持ちでもない中高年男性にとって、参考になる生き方のモデルは多くない。「弱さ」を抱えた男性の生き方を論じた杉田俊介氏の著書『男がつらい! - 資本主義社会の「弱者男性」論』から一部抜粋してお届けしします。インセル...
別窓で開く


[ ヒスパニック ] の関連キーワード

イギリス メンデス ライアン 朝日新聞 アメリカ
トッド ジェフ

<前へ1234次へ>