本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



期待以上の静けさ。オーディオテクニカから完全ワイヤレスの最上位モデルが登場
オーディオテクニカから9月3日より発売の完全ワイヤレスイヤホン「ATH-TWX9」(予想実勢価格:3万3000円前後)は、高音質、クリアな通話品質をはじめとした高機能を搭載したハイエンドモデル。独自のノイズキャンセリングシステムがさらに進化し、イヤホンの装着状態を読み取ってユーザーの耳に合わせた最適...
別窓で開く

ハイエンド・ゲーミングヘッドセット 「Arctis Nova Pro」2モデル
ゲーミング関連機器を手がけるスティールシリーズジャパン(東京都千代田区)は、ハイエンドモデルという位置づけのゲーミングヘッドセット「Arctis Nova Pro」シリーズ2モデルを2022年8月5日から順次発売。■有線&無線接続モデルを用意いずれも、デンマークのデザイナーJacob Wagner(...
別窓で開く

価格は19万円超え!ソニーの超ハイエンドスマホ「Xperia IV」は画質も音質も超ハイスペック!
ソニーが5月11日に、スマートフォンの最新フラッグシップ「Xperia 1 IV」を発表しました。6月上旬に3キャリアから発売予定で、ドコモは19万872円、auは19万2930円、ソフトバンクは19万9440円。今夏に発売されるスマホの中では最高額となりそうです。...
別窓で開く

ソニーが“常時装着”をコンセプトにした「LinkBuds」新モデルを発売 小型・軽量でANCとハイレゾに対応する完全ワイヤレスイヤホン
ソニーは5月19日、完全ワイヤレスイヤホンの新製品「LinkBuds S」を6月3日に発売することを発表しました。2月に発売した、耳をふさがない完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」のシリーズ製品で、同様にオンラインとリアルをつなぐ“常時接続”をコンセプトにしています。...
別窓で開く

CORSAIRがDolby Audio 7.1対応製品を含むゲーミングヘッドホン4製品を発表
CORSAIRは5月13日、ゲーミングヘッドホン4製品を発表。東京タワーのeスポーツ施設“RED° TOKYO TOWER”で発表会を開催しました。「HS55 SURROUND」「HS55 STEREO」は、周波数特性が20Hz〜20kHzの50mm径ネオジムドライバーを搭載する有線ヘッドホン。...
別窓で開く

まさに静寂!ソニーのノイキャン最強ヘッドホンがさらに進化!
いまやサウンドデバイスに必須となったノイズキャンセリング機能ですが、その技術の進化はどうやらとどまるところを知らないようです。優れたノイキャン機能で支持を集めるソニーのハイエンド・ヘッドホン“1000Xシリーズ”よりまもなく登場するのは、現行人気モデル「WH-1000XM4」の後継機となる「WH-1...
別窓で開く

評論家と専門店スタッフが太鼓判!最新オーディオ&ビジュアル【安くても傑作モノ】
【安くても傑作モノ】イエナカエンタメの代表格であるオーディオ&ビジュアル。「いかにコスパ良く良質なAV環境を構築するか」をテーマに、識者とオーディオ専門店のスタッフが対談。そこから導き出されたオススメの逸品を紹介する!(写真左)オーディオ・ビジュアル評論家鴻池賢三さんAV機器メーカーでの勤務経験を活...
別窓で開く

ソニーの穴あきイヤホン「LinkBuds」は音楽も周囲の音もしっかり聞こえる新感覚!
音楽リスニングやテレワークでのオンライン会議中、周囲の音が聞こえずに自分を呼ぶ家族の声やインターホンの音に気づかかった、なんてことはよくあります。そんな世相を踏まえた、外の音が聞こえるソニーの新発想完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds WF-L900」(ソニーストア価格:2万3100円)が本日、...
別窓で開く

独自のメッシュ技術が高音質をもたらすB&Wのワイヤレススピーカーシステム
かのアビー・ロード・スタジオにも採用されている、老舗オーディオメーカー、Bowers & Wilkins(バウワース アンド ウィルキンス 以下:B&W)のスピーカー。その高品質なサウンドを、ワイヤレスで利便性高く堪能できる製品群「Formation Suite(フォーメーション・ス...
別窓で開く

高音質の核になるテクニクスのフルデジタルアンプ搭載ネットワークCDレシーバー
いまどき音楽を楽しむツールといえばスマホやDAP、自宅であればPC+スピーカーなんてのが一般的ですが、アラフィフ・アラフォー世代であれば若かりし日、おそらく誰もが持っていたのがミニコンポ。CDもラジオもMP3音源も、ミニアンプからスピーカーに出力して聴くのが普通でした。...
別窓で開く



<前へ123次へ>