本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「どのチームも自分をプレーさせたがらない」開幕後も“無所属”のハワードが心境を吐露「俺はまだトップに立ちたい」<DUNKSHOOT>
ドワイト・ハワードと言えば、キャリア18年の大ベテランで、通算1万4627リバウンドはアキーム・オラジュワン(歴代15位/1万3748本)やシャキール・オニール(同16位/1万3099本)を上回る歴代11位、通算2228ブロックは同15位を誇るNBA史に名を残す実力派センターだ。...
別窓で開く

206㎝のマジック、213㎝のノビツキー、229㎝のヤオ……現代バスケに逆行するNBA歴代“オールビックマンチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
ジョージ・マイカン、ウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、シャキール・オニールなど、これまでNBAでは多くのビッグマンが活躍してきた。 しかし、サイズより機動力やシュート力が求められる現代バスケではスモールラインナップを敷くチームが増加し、ビッグマンが弱点に...
別窓で開く

名手シャックが“犬猿の仲”であるモーニングに謝罪した過去を告白「俺が偽善者だった。彼が最高なんて知らなかった」<DUNKSHOOT>
1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体1位指名を受けたシャックことシャキール・オニール。彼がNBA入りした当時は、アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか)、デイビッド・ロビンソン(元サンアントニオ・スパーズ)、パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)といった歴...
別窓で開く

小さくても戦えることを証明した男たち!NBA歴代“スモールチーム”を選定<DUNKSHOOT>
NBAは選手の平均身長が約200cm、加えて圧倒的な身体能力も備えた超人たちが集う世界だ。そんな最高峰の舞台にあっても、身長のハンデを乗り越えてトップに上り詰めた小兵プレーヤーたちが存在する。 『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、...
別窓で開く

「彼の練習レベルは段違いだった」新人時代のコビーを元同僚が回想「やられたらすぐ練習場へ戻っていた」<DUNKSHOOT>
現地時間8月19日、元NBAプレーヤー兼ヘッドコーチ(HC)のバイロン・スコットがホスト役を務めるポッドキャスト番組「Off the Dribble」の最新エピソードが公開された。 NBAキャリア14シーズンのうち、ロサンゼルス・レイカーズで計11シーズンをプレーしたスコットは、1980年代後半に先...
別窓で開く

“闘将”ベバリーは古巣ロケッツ復帰に関心あり?「俺の家族は全員ヒューストンにいる」<DUNKSHOOT>
NBAキャリア10年を誇るパトリック・ベバリーは、2009年のドラフト2巡目42位でロサンゼルス・レイカーズから指名されるも、ギリシャとロシアのプロリーグを渡り歩いてNBA入りした苦労人だ。...
別窓で開く

名手シャックの息子がGリーグのイグナイトへ入団。下部組織で技術を磨き、NBA入りを目指す<DUNKSHOOT>
今年のサマーリーグ、ロサンゼルス・レイカーズの一員としてプレーしたシャリーフ・オニールが、Gリーグチームのイグナイトと契約したと、『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者が報じた。 殿堂入りセンターのシャキール・オニール(シャック)の息子は、高校時代から高い評価を受け、2017年にアリ...
別窓で開く

NBAの歴代“ベストジャーニーマンチーム”を選定!MVP経験者から優勝請負人、稀代の問題児まで多彩な顔ぶれに<DUNKSHOOT>
間もなくFA市場が解禁するNBA。シーズン中のトレードも含め、選手の移籍が頻繁に起こるリーグでは、いつの時代も複数のチームを渡り歩く“ジャーニーマン”が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジション...
別窓で開く

ドラフト指名は叶わずも、レイカーズと契約の息子を名手ピッペンが祝福「今日は最高の瞬間のひとつだ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日にバークレイズ・センターで開催されたNBAドラフト2022では、1巡目全体1位でオーランド・マジックから指名を受けたパオロ・バンケロ(デューク大)をはじめ、2位指名のチェット・ホルムグレン(/オクラホマシティ・サンダーゴンザガ大)、3位指名のジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロ...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く



<前へ12345次へ>