本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カリーが観る者の心を掴むのはなぜ? NBAアナリストが力説「子どもはシャックやレブロンにはない感情移入ができる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、1シーズン402本、通算3117本など3ポイントに関する数々の金字塔を打ち立て、バスケットボールの常識を根底から覆した稀代のシューターとしてNBA史に名を刻んでいる。...
別窓で開く

「IQはアインシュタイン級」のジョーダン、堅実なストックトン&ダンカンーー優れた頭脳を持つ“ベストIQチーム”を厳選<DUNKSHOOT>
近年のNBAはポジションレス化が進行し、選手には多様性とともにバスケットボールIQの高さも重要視されるようになった。 もっとも、“バスケットボールIQ”という用語に厳密な定義はない。状況に応じて正しいプレーを選択でき、ボーンヘッドを犯さない選手、といったところか。...
別窓で開く

「俺は最も支配的な選手、彼は史上最高になることに取り憑かれていた」シャックが元相棒コビーとの関係を回想<DUNKSHOOT>
現地時間9月13日に公開されたポッドキャスト番組『Patrick Bet-David Podcast』へ、シャックことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)がゲスト出演した。 シャックは216㎝・147㎏という巨体を武器にNBAで19シーズンをプレーしてキャリア平均23.7点、10....
別窓で開く

「彼は手にビールを持っていた」ローズが“新人HC”バードが采配ミスを認めた1998年プレーオフを回想<DUNKSHOOT>
NBA界のレジェンドの1人であるラリー・バードは、選手、ヘッドコーチ(HC)、エグゼブティブを経験し、いずれの分野でも功績を残した。ただ、元NBA選手のジェイレン・ローズによれば、指揮官時代に自らの采配に関して謝罪することがあったという。...
別窓で開く

大谷翔平の活躍で注目を集めるMLBのMVP争い。NBAの過去30年で最も僅差だったシーズンは?<DUNKSHOOT>
調子を上げる大谷翔平の活躍とともに、日々注目が高まっているMLBのMVP争い。ホームランランキングを独走するアーロン・ジャッジとの熾烈なレースが展開されており、最後は投票権を持つ各識者の1票に委ねられることになりそうだ。 その年最高の選手を意味するMVP争いは、同じアメリカンスポーツのバスケットボー...
別窓で開く

「ゴールデンステイトでは一番前の席に座っていただけ」デュラントの経歴を名手シャックが一刀両断「勝つだけではダメ」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、現在NBAを代表するスーパースターなのは誰もが認めるところだろう。しかし、最終的にネッツ残留の運びになったとはいえ、今夏にはチームにトレードを要求して、その振る舞いは大きな波紋を呼んだ。 これまで経験した2度のリーグ優勝も、オクラホマシティ・サンダーから強...
別窓で開く

206㎝のマジック、213㎝のノビツキー、229㎝のヤオ……現代バスケに逆行するNBA歴代“オールビックマンチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
ジョージ・マイカン、ウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、シャキール・オニールなど、これまでNBAでは多くのビッグマンが活躍してきた。 しかし、サイズより機動力やシュート力が求められる現代バスケではスモールラインナップを敷くチームが増加し、ビッグマンが弱点に...
別窓で開く

「彼には明るい未来がある」ゴベアが元相棒ミッチェルへエール「実力を見せつける最高の機会になるだろう」<DUNKSHOOT>
現地時間9月3日、クリーブランド・キャバリアーズは、ユタ・ジャズとのトレードでドノバン・ミッチェルを獲得したことを正式に発表した。 今夏にジャズは、クイン・スナイダーHC(ヘッドコーチ)の辞任に続き、3年連続でオールスターメンバーに選出されていたルディ・ゴベア(ミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍)と...
別窓で開く

ネッツで“最も替えが利かない選手”はデュラントではなくアービング?「カイリーよりKDの代わりになる方が簡単」と現地記者が主張<DUNKSHOOT>
ケビン・デュラントのトレード騒動が残留という形をもって終結し、ようやく今季に集中できる環境が整ったブルックリン・ネッツ。デュラント、カイリー・アービング、ベン・シモンズのオールスタートリオに加え、セス・カリー、ジョー・ハリス、パティ・ミルズ、ニック・クラクストン、TJ・ウォーレン、ロイス・オニール、...
別窓で開く

名手シャックが“犬猿の仲”であるモーニングに謝罪した過去を告白「俺が偽善者だった。彼が最高なんて知らなかった」<DUNKSHOOT>
1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体1位指名を受けたシャックことシャキール・オニール。彼がNBA入りした当時は、アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか)、デイビッド・ロビンソン(元サンアントニオ・スパーズ)、パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)といった歴...
別窓で開く