本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



FIFA調査機関が「25歳未満カテゴリーランキング」を発表! アーセナル冨安健洋が世界4位にランクインした項目は?
 国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIESフットボール・オブザーバトリー』は9月11日、独自の指標による「インパクトスコア」に基づき、各カテゴリーにおける25歳未満選手のランキングを発表した。...
別窓で開く

サッカー研究機関による「推定移籍金ランキング」でエムバエペが約267億円で1位に! トップ100に入ったアジア人選手は?
国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連研究機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が6月6日、最新の「推定移籍金ランキング」を発表した。...
別窓で開く

ファン・ダイク、ベイル、ヴィニシウス…FIFAの「W杯でプレーしたことがないスター」に選出された日本代表戦士は?
 国際サッカー連盟(FIFA)は6月2日、公式インスタグラムで「まだワールドカップで1分もプレーしたことがないスター」16人を発表した。 今回選ばれたのは、今年11月に開幕するカタールW杯に出場する可能性のある16人だ。...
別窓で開く

【CL展望】バイエルンが優勢もノイアー不在に一抹の不安。ザルツブルクは得意のハイプレスで歯車を狂わせれるか
 ポゼッションも破壊力も大会随一の水準にあるバイエルンが早々に先制した場合、一方的な展開になってもおかしくない。 2021年のFIFA年間最優秀選手賞に輝いたロベルト・レバンドフスキをはじめ、トーマス・ミュラーやレロイ・ザネら攻撃陣が軒並み好調で、国内では圧勝が日常茶飯事だ。...
別窓で開く

エムバペがまさかの12位! FIFA関連機関が発表した「市場価値ランキング」で、ハーランドも凌駕したトップ3は?
 どの国のリーグが「世界最高」か、評価の基準は様々だ。ただ、FIFAの教育研究機関で、スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIESフットボール・オブザーバトリー』の市場価値ランキングでトップ3を独占したのは、イングランドのプレミアリーグの選手だった。『CIES』は6月7日に4日付で更新した市場...
別窓で開く

レバンドフスキが年間MVP、ソン・フンミンがプスカシュ賞に!最優秀監督やベスト11などFIFAアウォーズの全受賞者を一覧
 現地時間12月17日、2020年のFIFA年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」がオンライン形式で開催された。 注目の最優秀選手賞は、男子がエースとしてバイエルンにブンデスリーガ、DFBカップ、チャンピオンズ・リーグ(CL)の3冠をもたらしたロベルト・レバンドフスキが初受賞。...
別窓で開く

驚きのトップ10入りを果たした快足Jリーガーは? 独専門サイトが世界の“スピードスター”ランキングを発表!
 現地時間9月26日、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が、世界の現役フットボーラーの「スピードランキング」を発表した。 このランキングは、サッカーゲーム『FIFA21』のスピードに関する能力値を基に順位を作成し、同じ数値の場合は、同サイトが独自に算出している「推定市場価格」が高い...
別窓で開く

【安永聡太郎】歴史的圧勝劇はなぜ起こったか?「ペップの遺産」を進化させたバイエルンと、食いつぶしたバルサの明暗
 バルサが「バイエルンに対して身体能力的に対抗できたのって誰?」という試合になってしまったのが残念。そもそも身体能力で勝負しないのがバルサだったはず。それなのにペップ(グアルディオラ)時代から時が経ち、だんだん「メッシを生かす」から「メッシ頼み」の戦いに変わってきてからの時代が終着駅を迎えた感じだよ...
別窓で開く


<前へ1次へ>