本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大阪桐蔭・前田悠伍が語る2023年の決意「夏の頂点の景色を見て、絶対にドラフト1位でプロに行く」
Sportiva注目若手アスリート「2023年の顏」 第14回:前田悠伍(高校野球)/インタビュー後編インタビュー前編「自己採点50以下からの逆襲」はこちら>> 昨年秋、大阪桐蔭・前田悠伍は本来のピッチングができず、もがき苦しんでいた。それでも西谷浩一監督はエースにマウンドを託し続け、その期待になん...
別窓で開く

【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│1〜10位】大阪桐蔭・前田、ENEOS・渡会、広陵・真鍋、花巻東・佐々木…1位は果たして<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。今回は10位から1位までを紹介しよう。...
別窓で開く

【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│11〜20位】大商大の左右二枚看板、東京六大学屈指の強打者と大学生に好素材<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。まずは31〜50位を紹介しよう。...
別窓で開く

「重心が高く、リリースもばらつく——」“未完の大器”でしかなった花巻東時代。大谷翔平の見せていた覚醒前夜
2022年も様々な出来事が話題となった野球界。だが、日本人選手のなかで主役となったのは、やはり大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。 メジャー5年目でMVPを獲得した昨季以上の存在感を放ったと言っていい。投手としては渡米後最多となる15勝をマーク。野手としてもホームランと打点は前年を下回ったもの...
別窓で開く

帝京名誉監督・前田三夫が唸る逸材高校生投手6人。明治神宮大会で輝いた筆頭は「やはり大阪桐蔭の前田悠伍だ」
前田三夫(帝京名誉監督)の明治神宮野球大会観戦記【高校・投手編】各地区の優勝チームが集い、全国ナンバー1を決める明治神宮野球大会。11月に第53回大会が開かれ、高校の部は2年連続で大阪桐蔭(大阪)が大会を制した。この大会を全試合初めて観戦したというのが、帝京(東京)の前田三夫・名誉監督。...
別窓で開く

「2022ドラフト指名選手」30人を"目利き"がガチ評価!
浅野を巡って阪神と競合するもクジで引き当てた巨人・原監督(左)■アマ球界でも上昇する"平均レベル"大本命がいなかった、とされる今年のドラフト会議。ただ、本題はプロで活躍できるかどうか。そこで、アマチュア球界からの指導依頼も受け、数々の若手の活躍を予言し、的中させてきた野球評論家のお股ニキ氏に、現段階...
別窓で開く

【2022ドラフト候補ランキング最終版|1〜10位】“二刀流”矢澤、巨人1位公言の浅野。気になる1位は——<SLUGGER>
2022年のドラフトまであと2週間を切った。一部では不作との評価もある今年のドラフトだが、そんな中でも素晴らしい将来性を秘めた選手は数多くいる。前回(7月)からの変動も含め、最終的にどのようなランキングになったのか見ていこう。...
別窓で開く

甲子園で輝いた“未来のドラフト候補”に刮目せよ!強烈な印象を残した興南・生盛は必須。バランスの優れた愛工大名電・有馬も見逃せない【投手編】
ドラフトの目玉となるような候補は少なかったという声が多かった今年の夏の甲子園。しかし過去を振り返っても、その時点ではそれほど高い評価を得ていなくても、大学や社会人を経て大きく成長してプロ入りを果たした例は少なくない。そんな現時点では進学や社会人入りが予想されている“未来のドラフト候補&r...
別窓で開く

九州学院の2年生エース直江が躍動!大阪桐蔭も川原が復活の好投でベスト8進出!【甲子園11日目のプロ注目選手たち】<SLUGGER>
第104回全国高校野球選手権大会も11日目が終了。3回戦4試合が行われ、ベスト8がすべて出揃った。この日に登場したプロ注目の選手たちの活躍ぶりを振り返る。●直江新(九州学院2年/投手):9回4安打0失点7奪三振1四球 日大三島高と智弁和歌山高に打ち勝ってきた国学院栃木高打線を相手に4安打完封という見...
別窓で開く

【甲子園2日目のプロ注目選手たち】近江・山田が投打で躍動! 鳴門のエース・富田は乱調も随所に片鱗を見せた
いよいよ開幕した第104回全国高校野球選手権大会。大会2日目に登場したプロ注目の選手たちの活躍ぶりを振り返る。●有馬伽久(愛工大名電3年・投手):8回 被安打11 2失点(自責点2) 6奪三振 3四球 5回に3安打を浴びて2点を失い、6回には脚が攣るアクシデントはあったものの、しっかりと試合を作りチ...
別窓で開く


[ チェン 大阪桐蔭 ] の関連キーワード

slugger eneos 愛工大名電 大阪桐蔭 九州学院
甲子園 佐々木

<前へ1234次へ>