本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



第三次世界大戦が勃発!? 欧米のウクライナ支援で追い込まれたロシアが核攻撃に出るリスク
(画像)Ivan Marc/Shutterstockロシアの侵攻から5カ月が経過し、攻め込まれていたウクライナ軍が強烈な反撃に出ている。米国はさらなる武器供与も検討しており、欧州各国を含めて軍事支援を増強する。対するロシア側は中国やイランなどと連携し、代理戦争は第三次世界大戦の危機をはらんでいる。...
別窓で開く

ペロシ下院議長「台湾訪問」、火をつけた米中激突!世界経済どうなる? エコノミストが指摘...早くも「経済制裁」「サプライチェーン影響」「日本にも飛び火」
思わぬチャイナリスクが世界経済を揺るがしている。「ペロシ・ショック」だ。米連邦議会のナンシー・ペロシ下院議長(82、民主党)が2022年8月2日、台湾を訪問して蔡英文総統と会談、「台湾の民主主義を支援する」と表明した。中国の習近平国家主席がバイデン米大統領との電話会談で、「火遊びは身を焦がす」と警告...
別窓で開く

外務省調査で発覚。東南アジアでは中国が日本より信頼されている......ってガチ!?
中国がぐいぐい勢力を拡大しているのは知っていた。けれど、ついに「信頼」でも日本が負けた!? 衝撃の調査結果から、東南アジアの現状、そして台湾や太平洋をめぐる中国の壮大な野望を緊急分析!■"債務の罠"があっても魅力的なマネー「最も信頼できる国・機関」は「中国」が19%、「日本」が16%——。...
別窓で開く

「音楽の日2022」タイムテーブル発表
【モデルプレス=2022/07/15】16日に放送されるTBS系音楽特番『音楽の日2022』(午後2時から約8時間の生放送)と、『もうすぐ音楽の日』(ひる12時44分〜※一部地域を除く)のタイムテーブルが発表された。◆『音楽の日2022』テーマは「メッセージ〜届けたい歌〜」「音楽のチカラで日本を元気...
別窓で開く

王毅外相の後任を巡り、中国共産党は大モメ 習近平体制は決して盤石ではない
「習近平一強体制」……。秋の中国共産党大会を前に、日本メディアは一様にそう報じている。しかし、本当にそうだろうか。中国ウォッチャーたちはいま、ある人事の動きに注目をしている。外相の後任をめぐり、異例の事態が起きているのだ。【武田一顕 ジャーナリスト・映画監督】 中国共産党は5年に一度、北京で党大会を...
別窓で開く

習近平氏に「反旗」を翻した2人の人物  出始めた3期目続投への「不安定要因」
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ソロモン諸島との間で安全保障に関する協定を結んだ中国について解説した。...
別窓で開く

「経済重視」といって中国リスクから目を背けることはもうできない
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが中国リスクについて指摘する。* * *国の根幹をなすエネルギーをロシアからの輸入に依存していたドイツの現状を見ると、あらためて「カントリーリスク」の重大さを考えさせられます。...
別窓で開く

「人民元の国際化」が進んで、世界はドル、ユーロ、人民元の三極通貨体制になる!?
新型コロナの"震源地"でありながら、世界的なパンデミックのなかでも経済のプラス成長を実現した、中国。その原動力となっているのが、今や日本のはるか先を行くといわれる中国社会の「デジタル化」だ。中国のDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略が中国経済だけでなく、社会のあり方をどのように変えたのか? ...
別窓で開く

ウクライナ危機の影に潜む「チャイナリスク」! それは、世界「食糧危機」を招くのか?
世界中がロシアのウクライナ侵攻に目を奪われている間に、別の世界経済の危機が進行しているようだ。チャイナリスクだ。ウクライナ情勢の悪化と中国経済の減速は、まず世界の食糧危機という意外なかたちから打撃を与えてくるかもしれない。いったいどういうことか。エコノミストの分析を読み解くと——。...
別窓で開く

香港紙「対露制裁は韓国造船産業の競争力を低下させる」「中国に市場奪われる可能性高まる」
ロシアのウクライナ侵攻によって、世界造船市場で1位を争う韓中両国で悲喜が交錯しているとサウスチャイナモーニングポスト( SCMP)が28日報じた。韓国企業がロシアに対する西側諸国の制裁に参加し、中国企業が反射的利益を得るとの分析だ。...
別窓で開く


<前へ12次へ>