本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



◆育成ドラフト出身・甲斐や宇田川らがWBCで躍動! 先日まで開催された野球の世界一を決める『ワールド・ベースボール・クラシック』(以下、『WBC』)では、NPBやメジャーで活躍するプロ野球選手たちが世界の強豪と熱戦を繰り広げた。大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)やダルビッシュ有(サンディエゴ・パド...
別窓で開く

“ダルビッシュジャパン”で生じていた温度差 代表内には 「雰囲気が緩んでいる」の声もあった【WBCの内幕】
(胴上げされるダルビッシュ(C)共同通信社)【緊急連載 WBC世界一奪還の内幕】#2「最初は硬いところというか、気負いもあったと思うんですけどだんだん取れてきて、すごく楽しみながら日常生活も野球もしていたように思います。とにかく楽しく野球をしているところをファンの方々に見てもらうのが大事だと。...
別窓で開く

大谷翔平からの“激励”、日本の若手投手陣のすばらしいピッチング…WBC侍ジャパンを勝利へと導いた要因は? 専門家が解説
モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」(毎週月曜〜金曜6:00〜9:00)。3月23日(木)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは「侍ジャパン 3大会ぶり世界一」。...
別窓で開く

第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、3月21日、日本の3大会ぶり3回目の優勝で幕を閉じた。スポーツライターの広尾晃さんは「優勝の最大の要因は大谷翔平だ。まさかここまで常識外れの活躍をするとは予想できなかった」という——。■「嘘だろ」といいたくなるドラマだった第5回WBCは、日本の3...
別窓で開く

侍J王座奪還も栗山監督に退任報道 その裏で浮上する後任候補3人…王貞治氏“推し”は?
(胴上げされる栗山監督(C)ロイター/USA TODAY Sports) 侍ジャパンが2度目の世界一を達成した2009年大会以来、3大会ぶりにWBC王座奪還へと導いた栗山英樹監督(61)に、米国との激戦の余韻もまだ残るなか、早くも退任報道だ。 日本時間22日午後、決勝後の会見で「今日で監督、終わるの...
別窓で開く

〈WBC制覇〉「僕と一緒にクビになった一平くんは……」初代パートナー岡島秀樹が明かす“世界一の通訳・水原一平”が誕生した瞬間
 日本の3大会ぶりの優勝と大谷翔平選手のMVP獲得で、幕を閉じたWBC。侍ジャパンを支えたスタッフの一人が、通訳の水原一平氏(38)だった。エンゼルス・大谷選手の通訳だが、栗山英樹監督の要請で侍ジャパンに帯同され、ヌートバー選手の通訳や審判とのやりとり、データの伝達など大車輪の働きをした。...
別窓で開く

侍ジャパンがWBC優勝、アメリカを3—2で下す…3大会ぶり3度目
 野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」は21日(日本時間22日)、アメリカフロリダ州マイアミで決勝が行われ、日本代表「侍ジャパン」が3—2で連覇を狙ったアメリカ代表を破り、3大会ぶり3度目の優勝を果たした。...
別窓で開く

【侍ジャパン】3大会ぶり頂点へ決勝米国戦スタメン発表 準決勝と変わらず、先発は今永昇太
◆WBC2023 ▽決勝 日本—米国(21日、米フロリダ州マイアミ・ローンデポ・パーク) 2009年の第2回大会以来、3大会ぶり3度目の頂点を狙う侍ジャパンは21日(日本時間22日午前8時開始予定)、決勝・米国戦のスタメンを発表した。...
別窓で開く

【日本ハム】鎌ケ谷スタジアムで新しい外壁バナーの除幕式を実施
 日本ハムは21日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジムで新しい外壁バナーの除幕式を行った。デザインのリニューアルは7年ぶり。 「鎌スタ☆レジェンド」と称えられる新バナーは、「スカウティングと育成で勝つ」という球団理念の下、この球場からプロの第一歩として修業を積んで巣立っていったスターや、ゆかりの深い選手たち...
別窓で開く

大谷翔平と栗山監督 世界一の師弟愛「交流10年」知られざる「二刀流」秘話!
「僕らは勝つだけだと思いますし、勝つことでやっぱり日本のファンの人たちは喜んでくれると思うので、そこだけだと思います」19日の練習後にマスコミに語った大谷翔平(28)。いよいよ準決勝を迎える侍ジャパン。’06年の第1回大会から2連覇を果たした後、優勝からは遠ざかっていた。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>