本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「勢いをもたらし、脅威となった」リバプール戦で躍動した三笘薫を地元メディアが激賞!「彼のスピードとトリッキーなプレーに手を焼いていた」
 三笘薫がアンフィールドで輝きを放った。 現地時間10月1日に開催されたプレミアリーグの第9節で、三笘が所属するブライトンは敵地アンフィールドでリバプールと対戦。ロベルト・デ・ゼルビ体制の初陣は3−3のドローに終わった。 日本代表帰りのアタッカーに出番が回ってきたのは、レアンドロ・トロサ—ルのゴール...
別窓で開く

大谷翔平の異能さに“麻痺”? 米記者が指摘するMVP争いで生まれた歴史的価値「これは普通じゃないんだ」
メジャーリーグのレギュラーシーズンが佳境を迎えているなかで、二刀流の偉才は飛び切りのポテンシャルを発揮した。現地時間9月29日に行なわれたオークランド・アスレティックス戦で、8回2死までノーヒットノーランを続けた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。 8回2死の局面で大谷がコナー・カペルに内野安...
別窓で開く

大谷翔平はノーヒットノーランならず。それでも米メディアは「地球最高のアスリート」「信じられない」と総立ち!
史上最高のアスリートがその才能を改めて世界に知らしめた。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間9月29日、本拠地で行われたオークランド・アスレティックス戦に「3番・投手&DH」で先発出場すると、8回2死までノーヒットノーランを継続する圧巻のピッチングを披露。最終的に8回2安打無失点、1四球...
別窓で開く

中山雄太所属のハダースフィールド、新監督に38歳フォザーリンガム氏を招へい
日本代表DF中山雄太が所属するハダースフィールドは28日、マーク・フォザーリンガム氏が新監督に就任することを発表した。なお、契約期間は2025年6月30日までとなる。 ハダースフィールドは2021−22シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で3位になったものの、昇格プレーオフで敗退。...
別窓で開く

女子ナショナルオープンが開幕 渋野日向子らはテキサス決戦に挑む【今週の主要大会】
国内女子ツアー公式戦「日本女子オープン」が29日(木)に開幕を迎える。ナショナルオープンを制し、日本女子ゴルファーNO.1の称号を得るのは、果たして誰になるのか。米国のテキサス決戦に挑む渋野日向子、古江彩佳、畑岡奈紗ら日本勢の活躍にも注目だ。...
別窓で開く

契約延長の角田裕毅はF1で4年目を迎えられる? 専門メディアは「わずかな改善では不十分」と来季へ課題も指摘
9月23日(現地時間同22日)にアルファタウリとの契約延長が発表された角田裕毅。晴れて、2023年もF1ドライバーとしてのキャリアを継続することとなった。 今季は車の性能や信頼性に泣かされ、また自身のミスでチャンスを逸したレースもあるが、一方で2年目としての成長ぶりを垣間見せてもいるだけに、残りのシ...
別窓で開く

『百花』川村元気監督、サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀監督賞受賞 日本人初
女優の原田美枝子と俳優の菅田将暉がダブル主演し、川村元気が監督・脚本を務める映画『百花』が、9月16日から24日(現地時間)まで開催された第70回サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀監督賞を受賞。同映画祭で日本人が監督賞を受賞するのは今回が初となる。原田、菅田、川村監督から喜びのコメントが到着した...
別窓で開く

ティム・バートン原案のファンタジーアニメーション!ディズニー映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』作品紹介
ファンタジックでちょっぴりホラー、今も根強い人気を誇るディズニーのミュージカルアニメーション『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』ストップモーション技術によって、ティム・バートン原案の個性豊かなキャラクターたちが生き生きと歌って踊る最高のファンタジー作品です。映画が持つ魅力溢れる独自の世界観は、19...
別窓で開く

新たな戦闘狂宇宙人誕生!『プレデター:ザ・プレイ』がもっと面白くなるキャラ造形&ウェポンこってり解説【後編】
『プレデター:ザ・プレイ』© 2022 20th Century Studios■VSネイティブ・アメリカン!『プレデター:ザ・プレイ』※物語の内容に一部触れています。ご注意ください。シリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ』では、新種のプレデターが1719年の北アメリカに現れ、コマンチ族の...
別窓で開く

川村元気、長編デビュー作で快挙 サン・セバスティアン国際映画祭で“日本人初”最優秀監督賞受賞
俳優の菅田将暉と原田美枝子が主演する映画『百花』(公開中)を監督した川村元気が、スペインの「サン・セバスティアン国際映画祭」(16日〜24日)で“日本人初”の最優秀監督賞を受賞した。初監督作品での受賞も極めて異例の快挙だ。 同映画祭のオフィシャル・コンペティション部門に正式出品され、現地時間20日に...
別窓で開く