本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「デュラントを放出すべき」渡邊雄太の活躍も不振続くネッツに元NBA戦士が辛口提言「時間を無駄にするのは不当」<DUNKSHOOT>
ケビン・デュラントとカイリー・アービングを擁しながら、ここまで8勝9敗と負け越しているブルックリン・ネッツ。元NBA選手で、引退後は辛口批評で人気を博すケンドリック・パーキンスは、デュラント放出によるチームの立て直しを推奨している。 昨オフのFA(フリーエージェント)市場解禁直前、エースのデュラント...
別窓で開く

開幕から不振のネッツがナッシュHCを解任!元MVPの名司令塔も、指導者としては結果を残せず<DUNKSHOOT>
現地時間11月1日、開幕から2勝5敗と波に乗れずにいたブルックリン・ネッツはスティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)の解任を発表した。 現役時代、フェニックス・サンズやダラス・マーベリックスなどで活躍し2度のMVP受賞経験のある名司令塔のナッシュは、2015年に引退。...
別窓で開く

「今でも競い合うことができて最高」元チームメイトでありライバル、指揮官としてもしのぎを削るキッドとナッシュが互いにエール<DUNKSHOOT>
現地時間10月27日にバークレイズ・センターで行なわれたダラス・マーベリックスとブルックリン・ネッツによる一戦は、オーバータイムへもつれる激戦の末にマブズが129−125でネッツを下した。 同点13回、リードチェンジ13回を記録したこの試合、ホームのネッツはセス・カリー(足首)、ジョー・ハリス(休養...
別窓で開く

「あなたはMVPトロフィーをコビーに返す必要がある」アービングがナッシュHCへ爆弾発言?元選手が衝撃告白<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは2枚看板であるケビン・デュラント&カイリー・アービングの残留が決まり、2022−23シーズンにリーグ優勝を目指す体制はひとまず整った。 しかし、スティーブ・ナッシュ・ヘッドコーチ(HC)が抱える問題は解消されていないと、元NBA選手のオルデン・ポリニスが指摘している。...
別窓で開く

「これから先もハッピーになれない」移籍要求から一転、ネッツ残留のデュラントをバークレーが痛烈批判!「惨めな男」<DUNKSHOOT>
現地時間8月23日、今夏にリーグを賑わせた“ケビン・デュラント狂想曲”が終焉を迎えた。 ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)は、チームにトレードを要求していたデュラント、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)、ジョー・ツァイ(オーナー)、クラ...
別窓で開く

「デュラントはコビーと似た展開になった」現地記者がリーグを揺るがせた今夏の移籍騒動に言及。ネッツの優勝を暗示した可能性も?<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日の“衝撃のトレード要求”から約2か月。オフシーズンのリーグを揺るがせ続けたケビン・デュラントの移籍騒動は、8月23日にブルックリン・ネッツ残留が決定し幕を下ろした。 マイアミ・ヒートやフェニックス・サンズ、ボストン・セルティックス、フィラデルフィア・セブンテ...
別窓で開く

FAになる権利を持つアービングはネッツと大型契約を結ぶ意向?一方でマークスGMとは方針にズレも<DUNKSHOOT>
先日、ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)がシーズン終了に伴う記者会見を開いた。 今季開幕前、ネッツは優勝候補の一角に挙げられていたものの、蓋を開けてみればレギュラーシーズンは44勝38敗(勝率53.7%)でイースタン・カンファレンス7位に終わり、プレーオフではファー...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

ハーデン放出でシモンズらを獲得したネッツ。デュラントは「どんな形でシーズンを終えることになるのか楽しみだ」<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日、NBAはトレード・デッドラインを迎え、今年も複数のトレードが成立して多くの選手たちがシーズン途中で移籍した。 なかでも最大の衝撃となったのはブルックリン・ネッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる大型トレードだ。...
別窓で開く

セルティックスのGMがブラウンとシモンズのトレードの噂を否定。愛弟子へ送った言葉を明かす<DUNKSHOOT>
NBA史上最多タイとなる17度の優勝を誇るボストン・セルティックス。昨季まで7年連続でプレーオフへ進出し、長くイースタン・カンファレンスの強豪として君臨してきたが、今季は苦戦を強いれらている。 直近4戦で3勝と調子を上げているとはいえ、現地時間11月11日(日本時間12日、日付は以下同)時点で5勝6...
別窓で開く


<前へ12次へ>