本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「これ以上何を言うんだい?」カリーの“アンチ”にウォリアーズGMが異議「見届けられるのは幸運でしかない」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーはNBA13年目にして自身初のファイナルMVPに輝き、これまでのキャリアにさらなる栄光を加えた。ボブ・マイヤーズGM(ゼネラルマネージャー)は、カリーの“アンチ”たちはもはやケチのつけようがないと主張している。...
別窓で開く

カリーへの称賛を惜しまないカーHC「プレーオフで彼は間違いなくピークにあった」。ウォリアーズは現布陣を維持する意向<DUNKSHOOT>
現地時間6月22日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が2021−22シーズンの終了会見に臨んだ。 ウォリアーズの指揮官に就任して8シーズン目となった今季、カーHCはコーチとして4度目のチャンピオンとなり、現役時代(5度)を含めて計9回以上NBAで優勝を経験した人...
別窓で開く

「僕を信じてチャンスを与えてくれた」ペイトン二世が“恩人”グリーンへメッセージ「誇りに思うし、感謝している」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ボストン・セルティックスとのNBAファイナルをシリーズ成績4勝2敗で制し、2021−22シーズンのチャンピオンに輝いた。主軸の1人であるドレイモンド・グリーンは、今季の“陰のキーマン”の1人だったゲイリー・ペイトン二世の裏エピソードを披露し...
別窓で開く

「勝てるチャンスがあると思っていた」セルティックスGMがファイナルを回想「選手全員が1つの方向へ向いていた」<DUNKSHOOT>
現地時間6月21日(日本時間22日)、ボストン・セルティックスのバスケットボール運営部代表兼ゼネラルマネージャー(GM)のブラッド・スティーブンスが2021−22シーズン終了会見をオンラインで開いた。 昨季までの8シーズン、セルティックスで指揮官を務めてきた男は、ダニー・エインジ(現ユタ・ジャズCE...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

「僕の大好きな選手だった」ピッペン息子が“コビー愛”を語る「ポンプフェイクは彼からもらった」<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトは6月23日にブルックリンで開催される。今季プレーオフ進出を逃したロサンゼルス・レイカーズは指名権を保持していないが、過去にはアレックス・カルーソ(現シカゴ・ブルズ)、昨季はオースティン・リーブスをドラフト外から発掘した実績がある。 チームは6月に入ってワークアウトを開催。...
別窓で開く

「ちゃんと観ているのか?」カリーに対する低評価にウォリアーズGMが不満「彼は称賛を送りたいと思える人物」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現地時間6月5日(日本時間6日、日付は以下同)に行なわれたNBAファイナル第2戦でゲームハイの29得点に6リバウンド、4アシスト、3スティールと暴れ回り、107−88でボストン・セルティックスに快勝する立役者となった。...
別窓で開く

ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

FAになる権利を持つアービングはネッツと大型契約を結ぶ意向?一方でマークスGMとは方針にズレも<DUNKSHOOT>
先日、ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)がシーズン終了に伴う記者会見を開いた。 今季開幕前、ネッツは優勝候補の一角に挙げられていたものの、蓋を開けてみればレギュラーシーズンは44勝38敗(勝率53.7%)でイースタン・カンファレンス7位に終わり、プレーオフではファー...
別窓で開く

「自信に溢れ、常に自然体」名将ポポビッチも高評価!名門セルティックスを率いるユドカHCのキャリア<DUNKSHOOT>
連日、熱戦が繰り広げられているNBAプレーオフ。 その中で、今シーズン初めてヘッドコーチ(HC)に就任したルーキー指揮官、ボストン・セルティックスのイーメイ・ユドカ、ニューオリンズ・ペリカンズのウィリー・グリーンの2人も、ペリカンズはここまで1勝2敗、セルティックスは3戦全勝と奮闘している。...
別窓で開く


[ ゼネラル dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot セルティックス レジェンド ジョーダン

<前へ1234567次へ>