本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[言論ストロングスタイル]— ◆デフレ脱却が終わってないのに増税など、正気の沙汰ではない 岸田文雄首相は、支持率を見て政治をしているのか。それは必ずしも悪いとは言わない。 さんざん「財務省傀儡」「選挙が終われば、すぐに増税」「日銀人事も官僚の言いなり」「金融緩和だってやめるのでは」と言われ続けたが...
別窓で開く

〈アントニオ猪木さん死去〉ジャイアント馬場との絆「最後に来た手紙が『三途の川で待っている』と…」
 10月1日、元プロレスラーのアントニオ猪木さんが自宅で死去した。79歳だった。 プロレスラーとして先輩であり、ライバルだったのがジャイアント馬場だった。馬場の没後20年で猪木が見せた“男気”を報じた「 週刊文春 」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2021年12月9日号 年齢・肩書き等は公開時...
別窓で開く

アントニオ猪木さん死去、79歳 「同時代を過ごせた事が幸運でした」プロレス界著名人コメント
元プロレスラーで元国会議員のアントニオ猪木さんが、1日に亡くなったことが分かった。79歳だった。 猪木さんが創設した新日本プロレスは公式サイト上で、「新日本プロレスの創設者であり、元プロレスラーのアントニオ猪木さん(本名・猪木寛至さん)が10月1日、都内で死去されました」と訃報を伝えた。...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆大半の国民の本音は「帰ってくるな民主党」だろう 立憲民主党の執行部人事が刷新された。岡田克也幹事長、安住淳国対委員長、大串博志選対委員長、長妻昭政調会長。泉健太代表のみ留任。これを「帰ってきた民主党」と評する人もいるが、大半の国民の本音は「帰ってくるな民主党」だろう...
別窓で開く


<前へ1次へ>