本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


この手があったか!308円でできるスシロー「ひつまぶし風アレンジ」はマネしたくなる。
大手回転寿司チェーン「スシロー」で"ひつまぶし"が食べられる!?気になった記者は2022年5月下旬、確かめてみることにしました。■スシロー公式が「本気でオススメ」その"ひつまぶし"の作り方は、2022年5月10日に、スシローの公式TikTokアカウントで「本気でオススメ」するアレンジとして紹介されて...
別窓で開く

値上げが止まらない。昨年から続く原油価格や原材料費の高騰がロシア・ウクライナ情勢により長期化し、加えて急速な円安がモノの輸入コストを押し上げているためだ。帝国データバンクの調査によると、6月以降は食品だけでも3600品目を超える値上げが予定されている。特に家計を直撃する値上げの最新情報を、費目別にま...
別窓で開く

回転ずしに値上げの波=円安で食材高騰、1皿100円困難に
 回転ずしチェーンに値上げの波が押し寄せている。世界的な水産物消費の高まりに伴って上昇していた原材料価格が円安進行で一段と押し上げられたことなどが背景にある。ロシアのウクライナ侵攻も食材調達に影を落とす。最大手の「スシロー」は10月に値上げに踏み切り、同様の動きが業界に広がる。回転ずしの代名詞だった...
別窓で開く

中国の買い占め、ウクライナ情勢による流通コスト増…消える「回転寿司ネタ」はこれだ!
 回転寿司チェーン最大手のスシローが、10月以降の値上げを発表。1皿の最低価格を120円に変更し、創業以来、38年間続けてきた“1皿100円”に終止符を打つことになった。 その背景について、回転寿司評論家の米川伸生氏は、こう説明する。「ウクライナ情勢による流通コスト増や、円安による仕入れ値の高騰、さ...
別窓で開く

—[あの企業の意外なミライ]— ◆スシローの一人勝ち「終わりのはじまり」 回転寿司チェーンにおける不動の1位と言えばスシロー。これが近年の変わらぬ認識となっています。しかし、生き馬の目を抜く回転寿司チェーンにおいては、日々し烈なシェア争いが繰り広げられています。業界トップを走るスシローといっても、決...
別窓で開く

スシローに名店のラーメンが登場! 大阪の行列店『抱きしめ鯛』監修の「辛旨 鯛担麺」ってどんな味?
1辛429円、2辛420円、3辛451円(いずれも税込) | 食楽web 回転寿司チェーン店『スシロー』が、2014年から販売している「ラーメン」。年間1万2000杯も売り上げる人気商品です。元は、寿司ネタとして提供している魚介の頭やアラを無駄なく使うことを目的にスタート。現在まで、およそ80種類以...
別窓で開く

【検証】回転寿司のフライドポテトで一番旨いのはココ! スシロー・くら寿司・はま寿司を食べ比べてみた
大手回転寿司チェーンには必ずある「フライドポテト」のみをテイクアウトし、食べ比べしてみることにしました | 食楽web 通常、回転寿司ではネタの鮮度や大きさ、シャリの食感、価格などに注目し「『スシロー』が好きだ」「『くら寿司』が好きだ」「『はま寿司』が好きだ」といった具合に好みが分かれるものです。...
別窓で開く

物価高は「節約」で乗り切れるか 賃金アップはいつになるやら
サントリーのペット飲料、スシローの回転ずし——相変わらず身近な商品の値上げ発表が続いている。そうした中で、いかにして暮らしを守っていくか。このところ、各種メディアで「節約術」に関する記事が目立つようになっている。■回転ずしやペットボトル飲料も値上げサントリー食品インターナショナルは2022年5月16...
別窓で開く

はま寿司に行ったら「絶対に試したい食べ方」 漬けまぐろがさらに濃厚に…
ファミリー向けの商品や、豊富な醤油を使って寿司ネタの色々な食べ方が楽しいはま寿司。いま、絶対に食べておきたいネタを紹介したい。画像をもっと見る■「大切り&でかねた祭り」12日から開催している「大切り&でかねた祭り」。富山県産の大ぶりな生ほたるいか、炙りのどぐろが165円で食べられるなど、寿司好きなら...
別窓で開く

富裕層でもケチるポイント3選!元証券会社員が見た「意外な富裕層の節約術」から学ぶこと
− 富裕層の節約には明確な目的がある −2022年5月9日に公表された、スシローの値上げ。スシロー全店において、10月1日より黄皿1皿110円が120円になります(税込)。食料品や日用品、電気料金などのさまざまな場面で値上げが相次いでいますが、1皿100円(税抜)の印象が強い回転寿司の値上げに驚かれ...
別窓で開く


[ スシロ ] の関連キーワード

ウクライナ