本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



歴史的なイノベーションとして、引用されることの多いスターバックス。しかし、スターバックスがなぜ、コーヒーの新しい歴史をつくることができたのかについては、あまり知られていない。Kyoto Creative Assemblageは、歴史的なイノベーションをケーススタディとして取り上げ、新しい世界観をつく...
別窓で開く

ディズニー、アマゾン、アップル、一度は働いてみたい海外企業ランキング 1位は?
国際化が進み、現在では多くの海外企業が進出してきている日本。異なる企業文化を持つ職場で一度は働いてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、一度は働いてみたいと思う海外企業はどこなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり...
別窓で開く

優秀なリーダーに共通する「ポジティブフィードバック」を磨くには?【尾藤克之のオススメ】
リーダーが部下に伝えるべきことは何でしょうか。評価、注意、できていない(ネガティブな)ことの指摘...そう答えるリーダーは少なくありません。しかし、時代が変わり、部下が求めるもの、成長に必要なことが変化してきました。...
別窓で開く

ソニー元CEOハワード・ストリンガー氏が明かした、出井さんとスティーブ・ジョブズの交際秘話
「“病気が完全に回復して元気になれば、イギリスに飛んで、あなたに直接会いに行きます。本当に久しぶりなので、積もる話がたくさんあります!” ついこの4月にもこんな連絡をくれていたのに、あの懐かしい出井伸之さんがまさか亡くなるなんて……。 ちょっとした手術をするとは聞いていたから、病気であることは知って...
別窓で開く

「お金は欲しいけど、あんまり仕事はしたくない」「仕事はキライじゃないけど、一生お金のために働くのはイヤだ」そんな思いが少しでもあるのなら参考にしたいのが、入社4年目の26歳でFIRE(経済的自立と早期リタイア)を果たした遠藤洋氏の著書『投資をしながら自由に生きる』(ダイヤモンド社)だ。仕事をしながら...
別窓で開く

岸田内閣は2022年を日本の「スタートアップ創出元年」に位置付けた。政府は学生起業した大学生などの訪問講演などを基軸に、小中高生を対象とした起業家教育(企業家教育)も後押しするという。新著『13歳からの経営の教科書 「ビジネス」と「生き抜く力」を学べる青春物語』を上梓した経営学者の岩尾俊兵氏は、「日...
別窓で開く

「愛され高齢者」の共通点は? ヒントは女優・樹木希林さんの死に際
 高齢者向けの指南書が、次々ベストセラーとなっている精神科医の和田秀樹氏。待望の新刊『老いの品格』(PHP新書)では、「快活な老後」を過ごすための新たな指針を示している。はたして健康で長生きできれば人生は幸せなのか。賢者の結論に耳を傾けてみよう。...
別窓で開く

ZOZOの業績が好調です。直近決算の2022年3月期(2021年度)は商品取扱高、営業利益ともに過去最高となりました。株価も回復し昨年、ひさしぶりの時価総額1兆円超えを記録した場面もありました(その後、日本株全体の低迷もあり直近の時価総額は約8400億円)。そのような好状況の中で先週、ひっそりとサー...
別窓で開く

どうしてマクドナルドはハンバーガーを世界中に売ることができたのか? スターバックスはなぜ世界中の街角にあるのか? 一部の社会現象である「ヴィーガン」はいかにして世界的なトレンドになったのか? これらのイノベーションの背景には、ひとつの共通項がある。それはこれらが、新しい文化をつくったということだ。京...
別窓で開く


[ ジョブズ スティーブ アメリカ アメリカ ] の関連キーワード

ポジティブフィードバック ストリンガ イスラエル スティーブ ジョブズ
ディズニ zozo ハワード suit ソニー

<前へ123次へ>