本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジェフ・ベゾス自身の言葉による初めての本『Invent & Wander』が刊行された。100万部ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』などで知られるウォルター・アイザックソンが序文を書き、翻訳も100万部超『FACTFULNESS』などの関美和氏が務める大型話題作だ。その内容は、PART1が...
別窓で開く

『アマゾンの最強の働き方──Working Backwards』が刊行された。アマゾン本社の経営中枢でCEOジェフ・ベゾスを支えてきた人物が、アマゾンの「経営・仕組み・働き方」について詳細に公開した初めての本として大きな話題になっている。アマゾンで「ジェフの影」と呼ばれるCEO付きの参謀を務めたコリ...
別窓で開く

ジェフ・ベゾス自身の言葉による初めての本『Invent & Wander』が刊行された。100万部ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』などで知られるウォルター・アイザックソンが序文を書き、翻訳も100万部超『FACTFULNESS』などの関美和氏が務める大型話題作だ。その内容は、PART1が...
別窓で開く

うちの子の脳にいちばんいいことはなに? ベストセラー『スマホ脳』の著者が最新作で深堀り解説
 2021年に話題となった一冊が、過去に本サイトでも紹介した『スマホ脳』です。精神科医でもあるアンデシュ・ハンセン氏が、スマホが心の健康にどのような影響を及ぼすのかを最新研究をもとに明らかにした『スマホ脳』は、ハンセン氏の出身国スウェーデンのみならず、日本でも50万部を超えるベストセラーとなりました...
別窓で開く

ジェフ・ベゾス自身の言葉による初めての本『Invent & Wander』が刊行された。100万部ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』などで知られるウォルター・アイザックソンが序文を書き、翻訳も100万部超『FACTFULNESS』などの関美和氏が務める大型話題作だ。その内容は、PART1が...
別窓で開く

■わが国経済に創造的破壊をもたらす可能性がある2022年春にソニーグループ(ソニー)は、電気自動車(EV)の設計・開発などを行う“ソニーモビリティ”を設立し、EVの市場投入を本格検討すると発表した。最も重要なポイントは、ソニーが世界的な競争力を磨き上げてきたCMOS(complementary me...
別窓で開く

「受け身の仕事をやめたほうが、かえって楽になりますよ」という話
画像はイメージ受け身の仕事というと、何も考えなくて良くて楽……というイメージもあります。しかし、実際は他人に合わせて仕事をするのは大変です。私の知る限り、自分から能動的な取り組みをしている人のほうが、自分自身のペースで動ける分、気持ちにも余裕が持てて、結果も残しているという印象があります。今回は、能...
別窓で開く

田中みな実、南キャン山里の私服のセンスをめぐり痛烈ダメ出し「これで今日、ここまで来たんですか?」
画像:時事12日深夜に放送された「JUNK や山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)。山里亮太さん(南海キャンディーズ)は、フリーアナウンサーの田中みなみさんから、私服が「超絶ダサい」と壮絶なダメ出しを受けた事を明かしました。リスナーからはそれさえもネタとして昇華させ、改める事がなさそうな山里さんに...
別窓で開く

ジェフ・ベゾス自身の言葉による初めての本『Invent & Wander』が刊行された。100万部ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』などで知られるウォルター・アイザックソンが序文を書き、翻訳も100万部超『FACTFULNESS』などの関美和氏が務める大型話題作だ。その内容は、PART1が...
別窓で開く

ビジネスで成功している起業家たちは、生活や仕事でルーティンを実践していることが多い。スティーブ・ジョブズ氏は瞑想を習慣としていたし、ジェフ・ベゾス氏は早起きを実践している。朝のニュースチェックや出勤前の靴磨きなど、世の中にはあらゆるルーティンが存在する。良いルーティンがあれば、体に悪影響を及ぼしかね...
別窓で開く