本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「デジタル人材」の不足に頭を抱える企業にとって、今いる人材に必要なスキルを再習得させる「リスキリング」は、生き残りをかけた重要課題となっている。同時に、現在のキャリアに行き詰まりを感じたり、テクノロジーに職を奪われる技術的失業におびえる個人にとっても、デジタルスキルの獲得は人生を左右するチャレンジに...
別窓で開く

再三延期してた「アップル」もいよいよ?! 相次ぐ「オフィス戻れ」発令...「リモート慣れ」海外ビジネスエリートたちはどう出る?(井津川倫子)
コロナ禍で企業がいっせいに導入したリモートワークに変化の兆しです。先日、米アップル社がいよいよ、従業員に対して「週3回オフィス勤務に戻す」と発表して話題になっています。...
別窓で開く

元保険営業のシングルマザーが、まったく異業種の会社でCEOに大抜擢されたワケ
女性活躍が遅れているといわれるインフラ業界において、今年4月にビックデータと AI を使って水道管路劣化診断技術を提供し、老朽化した水道管の更新を優先順位付けして交換投資の最適化を図るフラクタの日本法人で、新CEOに抜擢された女性がいます。それは、保険会社で営業をしていた伊藤陽子さんです。...
別窓で開く

起業家やVCなど、スタートアップ関係者のバイブルとなっている『起業のファイナンス』『起業のエクイティ・ファイナンス』の著者・磯崎哲也氏が、スタートアップ経営者に最も必要な資質としてあげたのは、「vulnerability」という言葉でした。『増補改訂版 起業のエクイティ・ファイナンス』の発売を記念し...
別窓で開く

起業家やVCなど、スタートアップ関係者の間で必読書となっている『起業のエクイティ・ファイナンス』が、8年ぶりに全面改稿されました。初版時の赤いカバーとの区別で、「青版」とも呼ばれる『増補改訂版 起業のエクイティ・ファイナンス』は、どのように変わったのでしょうか?(この記事は、『増補改訂版 起業のエク...
別窓で開く

音楽ストリーミングサービスを提供するスポティファイ(Spotify)など大型スタートアップを輩出できるようになった欧州で2000年代初期に起こった大きな変化は、今後の日本で劇的な変革を起こすうえで示唆に富んでいる。数々のユニコーンに投資しシリコンバレーで躍進する日系VC創業者が、「急成長企業を見いだ...
別窓で開く

Netflix、Spotify、Adobe……数々の企業を成功に導いた凄腕コンサルタント、ハミルトン・ヘルマー。彼が著した経営戦略の指南書『7 POWERS』はシリコンバレーの起業家たちの間で経営の教科書として密かに読み継がれてきた。アメリカで私家版的に刊行されたため、日本ではごく一部のトップビジネ...
別窓で開く

Netflix、Spotify、Adobe……数々の企業を成功に導いた凄腕コンサルタント、ハミルトン・ヘルマー。彼が著した経営戦略の指南書『7 POWERS』はシリコンバレーの起業家たちの間で経営の教科書として密かに読み継がれてきた。アメリカで私家版的に刊行されたため、日本ではごく一部のトップビジネ...
別窓で開く

日本政府が海外VCに出資…本当に日本のスタートアップのためになるのか?
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。5月31日(火)放送の「ニュースFLASH」のコーナーでは、政府が実行計画案を固めた“新しい資本主義”について議論しました。...
別窓で開く

“親ガチャ”の観念が社会の分断を加速させる? 堀潤が問題点を指摘
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「親ガチャ」です。階層の固定化をどのように崩していくのか。「親ガチャ」とは、カプセル玩具やソーシャルゲームの“ガチャ”になぞらえて、親や生まれる境遇を選べない状況を表す言葉で、国会でも取り上げ...
別窓で開く


<前へ12次へ>