本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大阪桐蔭戦の「迷ジャッジ」実は「名ジャッジ」? 元NPB審判員記者が解説 鍵は審判員のチームワーク
 ◇明治神宮野球大会 高校の部 準決勝 大阪桐蔭5—4仙台育英(2022年11月21日 神宮) 大阪桐蔭は21日、明治神宮大会の準決勝で仙台育英(宮城)を5—4で下し、史上初の大会連覇に王手をかけた。春夏甲子園王者による対決で大阪桐蔭が伝令を通して判定を確認する場面があった。 0—1の2回、大阪桐蔭...
別窓で開く

大阪桐蔭、圧巻のコールド勝ち 1年生コンビ徳丸&境が大活躍!21日準決勝で今夏覇者・仙台育英と激突
 ◇明治神宮大会第3日・高校の部 準々決勝 大阪桐蔭12—2クラーク(2022年11月20日 神宮) 昨年、前田悠伍(2年)が鮮烈な全国デビューを飾った神宮で、今年も大阪桐蔭の1年生コンビが躍動した。3番・徳丸快晴が初回の先制打を含む2安打1犠飛で4打点。7番・境亮陽(りょうや)も4打数4安打の大当...
別窓で開く

辻内崇伸、中田翔、藤浪晋太郎、根尾昂…名だたる怪物を輩出してきた大阪桐蔭で前田悠伍は史上最高の投手か?
 ちょうど1年前の神宮大会直前、大阪桐蔭の左腕・前田悠伍に関する記事を書いた。1年生ながら秋の大阪大会、近畿大会で重要な試合を任され、チームをセンバツへと導いた。もし前田がいなければ......そう思う局面が何度もあり、記事の中では「負ける姿を見たことがない」とも書いた。1年生にそんなことを思わせる...
別窓で開く

日本ハム・新庄監督、高校野球の戦略を参考に? 大阪桐蔭の作戦には特に興味か
「1番三塁・清宮幸太郎」——。BIGBOSS新庄剛志監督は、“下関国際の逆転勝利”を再演することができなかった。 北海道日本ハムファイターズが東北楽天に同一カード3連敗を喫し、借金も「19」まで膨らんだ(8月18日)。これで、楽天戦5連敗だ。しかし、前日の敗戦後、新庄監督は&...
別窓で開く

【センバツ出場校番付】横綱は大阪桐蔭と広陵で決まり! 大注目・佐々木麟太郎擁する花巻東の立ち位置は?<SLUGGER>
1月28日、春のセンバツ高校野球に出場する32校が発表された。昨年秋の東海大会で準優勝した聖隷クリストファー(静岡)がまさかの落選、昨年のセンバツ覇者・東海大相模(神奈川)もギリギリで出場を逃すなど波乱の選考となったが、昨年の秋季大会と明治神宮大会の戦いぶりから出場校の実力番付を作った(※選手の学年...
別窓で開く

鈴木大地「中止にすることはないですよね」 甲子園の降雨コールドに異論続出
きのう17日(2021年8月)に行われた甲子園の高校野球5日目の「東海大菅生(西東京)対大阪桐蔭(大阪)」の試合を降雨コールドとしたことに、「めざまし8」でも批判が相次いだ。3点リードされた菅生の8回表の攻撃は、1アウト1、2塁とホームランなら同点に追いつくチャンス。...
別窓で開く

コロナで2校が出場辞退 夏の甲子園、主催者の対策は十分だったのか
2年ぶりに開催されている夏の甲子園が荒れ模様だ。選手らの間で新型コロナの感染が広がり、宮崎商(宮崎)と東北学院(宮城)が出場を辞退したほか、きのう17日(2021年8月)は23年ぶり降雨コールド試合があった。大雨の影響で18日も予定されていた3試合が延期に。「今大会の順延は6度目で、過去最多となりま...
別窓で開く

雨中の死闘は大阪桐蔭が一発攻勢で勝利!東海大菅生はコールド直前の7回に反撃するも届かず
第103回全国高校野球選手権大会は、8月17日で大会5日目。第1試合で大阪桐蔭vs東海大菅生の対決が行われ、大阪桐蔭が7対4で勝利した(8回1死時点で降雨コールドゲーム)。 大阪桐蔭の攻撃ぶりは、高校野球のセオリーとは対極のような“ビッグボール”だった。1回裏、2死二塁の場面...
別窓で開く

「2021年ドラフト候補生」の筆頭格!森木大智の現状とスカウト・指揮官の評価
松坂世代(1980年生まれ)から20年以上たった今、″森木世代(2003年生まれ)″と呼ばれるプロ注目の高校生投手たちが台頭している。 伊藤樹(仙台育英)、菊池楽(前橋育英)、金井慎之介(横浜)、畔栁亨丞(中京大中京)、田村俊介(愛工大名電)、知崎滉平(東邦)、野崎慎裕(県岐...
別窓で開く


<前へ1次へ>