本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



片桐仁、匠の技に驚きの連続…107歳まで生涯現役を貫いた彫刻界の巨匠・平櫛田中
TOKYO MX(地上波9ch)のアート番組「わたしの芸術劇場」(毎週金曜日 21:25〜)。この番組は多摩美術大学卒で芸術家としても活躍する俳優・片桐仁が美術館を“アートを体験できる劇場”と捉え、独自の視点から作品の楽しみ方を紹介します。5月20日(金)の放送では、「小平市平櫛田中彫刻美術館」に伺...
別窓で開く

大林素子が明かす「結婚しなかった理由」 “おひとりさま”生活を充実させるコツは?
 人生100年時代、誰もが直面する可能性があるのが「おひとりさま生活」である。これまで独身生活を続けてきたタレントの大林素子(55)が語る結婚観と、最近始めた”終活”のコツとは。 *** 現在55歳、私たちはいわゆるバブル世代です。...
別窓で開く

永野芽郁はサークルクラッシャー?『ユニコーンに乗って』あざとい言動に批判
永野芽郁 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 俳優・永野芽郁が主演を務めるドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)の第7話が、8月16日に放送された。主人公のあざとい行為に、またまたツッコミがこだましている。主人公・成川佐奈(永野)は5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の講義をきっかけに、須...
別窓で開く

月9『競争の番人』胸クソ話を美談扱い…「こんな脚本許されるの?」
杏 坂口健太郎 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 8月15日、坂口健太郎と杏がダブル主演する月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)の第6話が放送された。胸クソ悪い話を美談扱いし、視聴者から批判が殺到している。刑事の白熊楓(杏)は、ミスが原因で公正取引委員会審査局・第六審査へ異動させられてしまう。...
別窓で開く

坂口杏里に出家フラグ!? 相次ぐトラブルに救いの手「人生を救うチャンス」
(C)Axel Bueckert / Shutterstock作家の家田荘子氏が8月17日、自身のYouTubeチャンネル『家田荘子ちゃんねる』を更新。元タレントの坂口杏里さんとトラブルがあったことを明かした。ネット上で大きく話題になったこの騒動に進展があったようだ。...
別窓で開く

2022年上半期(1月〜6月)、プレジデントオンラインで反響の大きかった記事ベスト5をお届けします。国際部門の第1位は——。(初公開日:2022年2月13日)スラムで暮らす子どもたちはどのような生活を送っているのか。家族でインドに引っ越した高校生の熊谷はるかさんは、学校のクラブ活動でスラムに住む同世...
別窓で開く

ビールかけのやり方がわからない? 38年ぶりのリーグ優勝ゆえに起きたトラブルの中身(阿波野秀幸)
(権藤監督にビールをかけた佐々木は…(C)共同通信社)【昭和最後の伝説左腕 阿波野秀幸「細腕奮闘記」】#64 舞台となった宴会場の床はびしょびしょ、辺りには独特のアルコール臭というか、ビールの臭いが充満していた。 1998年10月8日、横浜は甲子園球場で阪神を下し、リーグ優勝を決めた。 その後、宿舎...
別窓で開く

ペンギンは一羽のオスと一羽のメスがつがいとなる一雌一雄制の動物だ。このため「一度つがいになると一生添い遂げる」と紹介されることもある。生物学者のロイド・スペンサー・デイヴィス氏は「結婚と似ていると思うかもしれないが、その意味では離婚率50%の種もいる。ペンギンの世界では離婚や不倫は珍しくない」という...
別窓で開く

JRA重賞『札幌記念』(GⅡ)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!
(C)JRA先週の結果を見て大いに反省した。予想のヘボさというより、レース後にレバタラとグチることだ。その拙文を読み返してみて、我ながら、こんなに未練たらしく、見苦しいことを書いていても、勝利の女神や競馬の神様は振り向かないと思ったからだ。♪あとの態度が大事だぜ〜と水前寺清子も歌っていたではないか。...
別窓で開く

千鳥・大悟、相方ノブに代わり『ノブナカなんなん?』MCを担当!『ダイゴなんなん?』に
思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組『ノブナカなんなん?』。8月24日(水)は同番組の2時間スペシャルが放送されるが、療養中のノブに代わり、MCを相方の千鳥・大悟が務めることになった。◆大悟、オープニングから大暴走!?療養中のノブの代...
別窓で開く


[ コール ] の関連キーワード

jra インド ダイゴ