本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ゼロコロナ解除と春節大移動で「大進化」!〝未知の最強変異株〟は中国で出現する!?
ケンタウロス、ケルベロス、グリフォン、クラーケンなどオミクロン系統の変異株を退ける、新たな変異株(通称ドラゴン?)は現れるのか......!?中国で出現した従来株から、アルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株、オミクロン株と、この3年の間に原因不明の「大進化」と呼ばれるダイナミックな変異を何度も繰り...
別窓で開く

世界が注目する若手研究者集団を率いるウイルス学者に聞く「第8波」と新型コロナの正体
新型コロナウイルスの研究で熱い視線を浴びる、日本の若手研究者集団「G2P-Japan」の佐藤教授新型コロナの流行が始まってからもうすぐ3年。最初の武漢株の出現から現在流行中のオミクロン株までウイルスは次々と変異を重ね、世界各地で感染爆発と収束を幾度となく繰り返してきた。...
別窓で開く

北海道で感染者爆増!コロナ第8波とインフルで「死者1日400人」の激ヤバ
 10月29日に発表された政府集計により、新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種率が、接種開始から1カ月で全人口の4%にとどまっていることが分かった。 その原因について医療関係者は、「第7波が小康状態に落ち着き、危機感が薄れていることが最も大きい」 と推測するが、コロナが終焉に近づ...
別窓で開く

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「またコロナ騒動の社会が嫌になった」
? 新型コロナ感染者数が過去最大に増加していますが、主要な繁華街はコロナ以前の賑やかさを取り戻しつつあるようです。とはいえ、地方ではまだ怖がっている人やお店は多く、寂れています。最近では、変異株の「BA.4」や「BA.5」「ケンタウロス」といった、ヨーグルトや星座のようなウイルスも。こんな混沌とした...
別窓で開く

<今週のワイドショー> ケンタウロス、サル痘...どう対応すればよいのか
再び猛威を振るっている新型コロナですが、オミクロン株の新系統「ケンタウロス」が広がる気配を見せ始めています。コロナだけではなく、「サル痘」の国内初、2例目の患者も確認されました。次々と現れる新しいタイプのウィルスはどこまで脅威なのか、今週(2022年7月25日〜)のワイドショーは、多くの局が解説に力...
別窓で開く

コロナ第6波のピーク時には新規感染者20万人予想、死亡者は3月の流行時より少ない見込み = 韓国
疾病管理本部は、1日平均最大30万人と予想していた新型コロナウイルスの「第6波」のピーク時の感染者数を20万人に予想を修正した。これは、感染拡大の鈍化によるもので、ピークの到達時期も当初の予想も早まる可能性が高い。ただ韓国政府は1日平均最大30万人以上の感染者が出ることも視野に準備を進めている。...
別窓で開く

オミクロン新変異「ケンタウロス」は8月中に手がつけられなくなる!第7波がピークを打つ前に第8波が爆発
 オミクロン株亜種の「BA.2.75」、通称「ケンタウロス」と呼ばれる新変異株が、日本国内で不気味な広がりを見せている。 今年5月以降、世界各国での感染確認が相次ぐ中、神戸で国内初の感染者(1人)が確認されたのが7月12日。その後、19日には大阪で2人、21日には首都・東京で2人、さらに27日には愛...
別窓で開く

世界で関心!オミクロン株派生型「BA.2.75」...なぜ「ケンタウロス」と呼ばれるのか?(井津川倫子)
先日、ヨーロッパを中心に患者が増えているウイルス感染症「サル痘」の患者が日本国内で初めて確認されたと報じられました。少し前、オミクロン株のBA.2.75——通称、「ケンタウロス」と呼ばれる変異ウイルス患者の国内初感染が発表されたばかりとあって、不安が募っています。...
別窓で開く

コロナ「ケンタウロス」 どこまで脅威か (めざまし8)
オミクロンの変異株のひとつである「BA.2亜種」の「ケンタウロス」が広がる動きを見せている。従来のオミクロン株の感染力が3倍とも言われる新種の脅威を、25日(2022年7月)の「めざまし8」が特集した。都内のクリニックの発熱外来では24日の日曜日、朝から電話が鳴りやまなかった。コロナとみられる症状で...
別窓で開く

「感染力60倍」がついに日本流入!第7波どころじゃない新変異株「ケンタウロス」がヤバすぎる
 オミクロン変異株による「第7波」がこれまで経験したことのない感染爆発の様相を呈してきている。そんな中、目下の主流株とされる「BA.5」と同じく、「BA.2」から派生したと考えられるオミクロン株亜種の「BA.2.75」、通称「ケンタウロス」と呼ばれる新変異株の存在が、早くも新たな脅威として浮上してき...
別窓で開く


<前へ12次へ>