本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ヘンリー王子の回顧録で「カミラvs.メーガン」勃発? 王室のW不倫加担を暴露か
 70年間の君主を喪って悲しみに暮れる英王室に、さらなる憂いが降りかかりつつある。かねて刊行が予定されていたヘンリー王子の「回顧録」が、まもなく世に出る運びだという。そこには、愛する母・ダイアナ元妃の思い出とともに、カミラ王妃に関する記述もあるとされ、メーガン妃を巻き込んだ“女の闘い”が再燃しかねな...
別窓で開く

ヤグディンvsプルシェンコの舌戦が止まらない! 露スポーツ界は「幼稚園のケンカ」「誰も興味ない」と呆れモード
積年のライバル関係にふたたび火が付き、泥仕合の舌戦に発展している。 バトルを繰り広げているのは、ロシア・男子フィギュアスケート界が誇るふたりのスーパーレジェンドだ。ひとりは、2002年ソルトレイク五輪の金メダリストであるアレクセイ・ヤグディン氏(42歳)。そして対するは、2006年トリノ五輪の金メダ...
別窓で開く

シャーロット王女、故エリザベス女王の母・クイーン・マザーに「驚くほど似ている」「生まれ変わり」の声も
エリザベス女王の葬儀ではジョージ王子(9)にお辞儀のアドバイスをするなど兄をフォローし、成長とともにさらにしっかりしてきたシャーロット王女(7)。母親であるキャサリン皇太子妃をして「我がウェールズ家を牛耳っているのは娘」と言わしめる、皇太子一家の“隠れボス”的存在であり、その一方愛くるしい表情や時に...
別窓で開く

なぜかメーガン妃とヘンリー王子が大慌て?! 「暴露本」とネトフリ番組、必死で「再編集」しようとする理由とは(井津川倫子)
エリザベス女王の崩御を受けて、なぜかメーガン妃とヘンリー王子がこれまでの活動の「再編集」に動いていると話題になっています。2022年後半に発売が予定されていたヘンリー王子の「回顧録」と、同じく年内に放映予定だったネットフリックスのドキュメンタリー番組の内容変更を希望していると伝えられていますが、いず...
別窓で開く

イギリスの新国王・チャールズ3世はどのような人物なのか。ロンドン在住ジャーナリストの木村正人さんは「母親のエリザベス女王は人前で苛立ちの感情を一切出さなかったが、父親譲りの短気と口の悪さがメディアで注目されている。国民からは不人気で、『王室離れ』がさらに進む恐れがある」という——。■公衆の面前で短気...
別窓で開く

メーガン妃、新たなポートレート公開は「王室に屈辱を与えるため」王室伝記作家が痛烈批判
ヘンリー王子とメーガン妃が新たなポートレートを突然公開した理由は、王室メンバーに屈辱を与えたいからだと王室伝記作家が分析した。夫妻が写真を公開したのは、チャールズ国王夫妻とウィリアム皇太子夫妻の4人が並ぶポートレートが公開されたわずか2日後だった。...
別窓で開く

ヘンリー王子&メーガン妃、Netflixのドキュメンタリー編集を断られていた
Netflixにてドキュメンタリーを配信予定のヘンリー王子とメーガン妃。女王の崩御を受け、映像を再編集するため配信の延期を希望していると伝えられていたが、受け入れられなかったようだ。 Netflixと結んだ巨額契約の下、ドキュメンタリーシリーズ配信に向け、準備を進めているヘンリー王子とメーガン妃。...
別窓で開く

カミラ王妃、時代に合った王室のために伝統的な“侍女”職を廃止か
カミラ王妃(75)は、英王室の時代遅れの伝統をいくつか廃止する準備を進めているという。義母のエリザベス女王の死を悼みつつ、王妃として、チャールズ国王(73)の妻としての役割に順応していくなかで、“侍女”については近代的な君主制にそぐわないと考えており、故女王とは異なる対応をするようだ。...
別窓で開く

国葬前夜に撮影した写真にヘンリー王子夫妻がいないことが話題、夫妻のポートレート公開に疑問も
英王室が先月19日に執り行われたエリザベス女王の国葬の前夜に、各国の首脳ら要人を招いてバッキンガム宮殿で開催したレセプション後に撮影したチャールズ国王とカミラ王妃、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃の4人が並ぶ写真を公開し、そこにヘンリー王子夫妻がいないことが話題になっている。...
別窓で開く

「第23回東京フィルメックス」10月29日〜11月5日開催決定 リティ・パン監督が審査委員長に
「第23回東京フィルメックス」が10月29日(土)〜11月5日(土)に開催されることが決定。本日、10月4日にラインアップ発表記者会見が実施された。本映画祭は、アジアを中心に世界から新進気鋭の監督たちの作品を集め、どこよりも早く、ここでしか観られない注目作品がラインナップされる国際映画祭。...
別窓で開く