本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



迷惑動画被害「スシロー」を救いたい!爆食貢献した人気女性YouTuberねおの「会計額」
 悪質な迷惑動画をSNSに投稿し、世間を騒がせるバカッターたち。「スシロー」も被害に遭った企業のひとつだ。男子高校生が醤油さしに口をつけるなどの、度を越した行為に及んだことの影響か、株価時価総額は一時、168億円も下がる事態となっている。 そんな中、「スシローを救いたい!」と立ち上がったのが、登録者...
別窓で開く

舵輪パーツを叩くと鳴る!プレミアムバンダイ『機界戦隊ゼンカイジャー』ギアダリンガー -MEMORIAL EDITION-
バンダイから、『機界戦隊ゼンカイジャー』デザインの「ギアダリンガー -MEMORIAL EDITION-」が登場。...
別窓で開く

外食チェーン店を中心に、客による迷惑行為が相次いでいる。回転寿司では、他人の注文した商品にわさびを塗ったり、しょうゆボトルをなめたり。うどん店やカレー店では、卓上に置かれた、天かす・福神漬けといった無料商品を、直接ムシャムシャと食べてしまう。カラオケボックスでは、除菌スプレーに火をつける危険行為も起...
別窓で開く

自由、野生、ユーモア、ナンセンス溢れる、ねこのような現代美術を紹介『ねこのほそ道』2月25日より開催
猫とアートの間には親和性がある。現代美術を通して見た「猫的なるもの」を紹介する展覧会『ねこのほそ道』が、2月25日(土)〜5月21日(日)、愛知県の豊田市美術館で開催される。参加アーティストは泉太郎、岸本清子、五月女哲平ら現代美術家の6名と、2名の建築家だ。猫カフェ、猫動画など止まるところを知らない...
別窓で開く

「5分以内に爪を剥げ」7年間にわたり軟禁、虐待の限りを尽くし…17歳少女が捕らわれた “地獄のような共同生活”
 福岡県北九州市で日本の犯罪史上類を見ない凶悪事件が発覚したのは、2002年3月のことだった。逮捕されたのは、松永太(逮捕当時40歳)と内縁の妻である緒方純子(逮捕当時40歳)。 起訴された案件だけで7人が死亡。しかもその方法は、主犯の松永が命じるままに肉親同士で一人ずつ手を下していくという残酷極ま...
別窓で開く

“寿司テロ”は因果応報? 回転寿司チェーンの「被害者ヅラ」に疑問の声も…
(C)BPYF / Shutterstock民度の低い客による悪質なイタズラ動画が出回ったことにより、回転寿司店での迷惑行為が連日ニュースで取り上げられている。ネット上にはイタズラに及んだ少年への非難の声が殺到しているが、その一方で回転寿司チェーンの対応も問題視され始めているようだ。...
別窓で開く

スシロー騒動に思う、「回転ずし」って本当に必要?—香港メディア
香港メディアの香港01は6日、日本で物議を醸しているスシロー騒動をめぐる評論記事を掲載した。先日、日本の回転ずしチェーン「スシロー」の店舗内で若い男性がしょうゆボトルの口をなめたり、未使用の湯飲みをなめて元の位置に戻したり、唾を付けた指をレーンの寿司になすり付けたりする動画がSNS上で炎上、同社の株...
別窓で開く

学校での悪質いじめ、「犯罪」なら警察に通報徹底を…文科省が通知・19の具体例も
 学校でのいじめについて、文部科学省は学校や教育委員会に対し、犯罪にあたるとみられる場合、警察への相談や通報を徹底するよう求めることを発表した。これまで学校現場では、深刻ないじめであっても生徒指導が必要な事案として扱い、警察との連携をためらうことが多かった。同省は7日、こうした考え方を改めるよう、全...
別窓で開く

温厚な尾木ママでも…「バカッターへの対応は厳しく!」スシローペロペロ高校生に「損失補填させるべき」
 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(75)が、7日までに自身のブログを更新。回転ずし店などで続々と発覚している、客による迷惑行為が社会問題となっていることについて私見を記した。 「バカッターへの対応は厳しく!」と題したブログで、社会問題となっている若者の迷惑行為を取り上げた尾木氏。...
別窓で開く

“バカッター”からInstagram、TikTokに…変わる迷惑動画のトレンドに“罪悪感の欠如”
回転寿司を中心とする飲食チェーン店での客による相次ぐ迷惑行為。その様子を収めた動画をSNSに投稿する動きが後を絶たず、社会問題化している。「はま寿司」では1月7日ごろ、他人の注文を横取りして食べる若い男性客の動画がTikTokに投稿された。この動画には「おいしそうだったので食べちゃいました」「#人の...
別窓で開く