本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



数々の迷エピソードに彩られた“愛すべき負け犬”【オカモト“MOBY”タクヤが語るカブス愛:前編】<SLUGGER>
鈴木誠也入団もあって、日本でも再び注目度が高まっているシカゴ・カブス。「SCOOBIE DO」のドラマーで、日本一熱狂的なカブスファンと言っても過言ではないオカモト"MOBY"タクヤ氏に、MLBでも独特の立ち位置を持つカブスというチームの魅力について語ってもらった(聞き手:久保田...
別窓で開く

復活を期す菊池雄星に米メディア記者が多用を勧める球種とは?「コーチが使う自信を与えられれば」
3月後半から始まったメジャーリーグのオープン戦も、残り1、2試合となり、数日後に迫った開幕を待つばかりとなっている。 広島カープから鳴り物入りでシカゴ・カブスに入団した鈴木誠也の新天地での活躍がメディアで注目されているが、シアトル・マリナーズからトロント・ブルージェイズに移籍した菊池雄星も今季新たな...
別窓で開く

「大谷翔平くんもすごく好きだと思いますよ」川﨑宗則がカブス時代に指導を受けたジョー・マドン監督の“クレージー”な素顔
 2017年にメジャーリーグからNPBへ復帰後、自律神経の病気で野球に向き合うことができなくなった川﨑宗則選手。しかし彼は再び立ち上がり、40歳になったいまも現役のプロ野球選手だ。 ここでは、川﨑選手が困難に直面した時に何を考え、どう向き合ってきたのかを綴った『 「あきらめる」から前に進める。 』(...
別窓で開く

外野に不安のブレーブスも鈴木誠也の獲得に関心か。米メディアが言及「十分な腕を持っている」「非常にリスクが高い」
昨年のワールドチャンピオンも、この男を求めているのだろうか。 広島カープからポスティングによるメジャー移籍を目指している鈴木誠也。現在、ロックアウトにより全ての活動がストップしている中でも、連日のように、この日本人スラッガーに関心を寄せる球団名が報じられており、新天地候補として、昨季ワールドシリーズ...
別窓で開く

広島・鈴木、ヤンキース以外の球団に移籍希望? 現地メディアに漏らした新天地のヒントとは
 いまだ進展ナシ、だが、「希望球団」はあるようだ。鈴木誠也外野手がメジャー球団と契約するXデーが見えてきた。 「メジャーリーグの選手会と同機構サイドが話し合いを再開させましたが(1月14日)、双方の言い分は平行線を辿ったまま。選手会が代案を出すか、折れる以外に合意はないというのが、米メディアの見解で...
別窓で開く

鈴木誠也の動向をジャイアンツの地元メディアも注視!「理想とは程遠い状況」だが、移籍の意思は固いと主張
ロックアウト解除へ向けての進展が見られないMLB。シーズンを迎えるための歩み寄りが求められる一方で、新天地を目指す選手達の行方も大きな関心事のひとつだ。【PHOTO】いざ、メジャー挑戦へ! 「広島の至宝」鈴木誠也のベストショットを一挙公開! 特に広島カープからポスティングによるメジャー移籍を表明して...
別窓で開く

広島・鈴木、メジャーを目指したのは黒田氏きっかけ「これになればいける」 意外な“目標”与えられキャリア激変?
 野球解説者・上原浩治氏が12日に自身の公式ユーチューブチャンネルに投稿した動画に、広島のプロ10年目・27歳の鈴木誠也がゲスト出演。2015〜16年にかけて共にプレーした黒田博樹氏(元広島他)にまつわる裏話を明かし、ネット上で話題となっている。 今回の動画で鈴木は、試合前後に欠かしていない取り組み...
別窓で開く

「マツイはまだ28歳だった」米メディアがヤンキースに鈴木誠也の獲得を推挙!松井秀喜との類似点を挙げて「2桁本塁打の可能性は十分」
新年を迎えても、MLBはロックアウトによる活動停止の状態が続いている。その中でも、広島カープからポスティングによるメジャー挑戦を目指している鈴木誠也の移籍先を占う話題は途切れることはない。現地メディアでは、これまで数々の日本人プレーヤーが活躍してきた名門球団への加入の可能性も囁かれている。...
別窓で開く

ヤンキースは「5500万ドルの契約を提供できる」。球界の盟主が“日本のトラウト”鈴木誠也獲得に動く理由
2021年の野球界で鮮烈なインパクトを残し、新年に一大チャレンジをしようとしているサムライがいる。広島カープの鈴木誠也だ。【動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック プロ入り9年目を終えた今季の鈴木は圧巻だった。レギュラーシーズンでは打率.317と出塁率.433で...
別窓で開く

「スズキに目が行くかも」エンジェルスに鈴木誠也獲得の可能性。外野手放出なら視野に
現在、ロックアウト中のため、FA選手との交渉含めすべての活動が停止となっているメジャーリーグ。広島カープからFAになった鈴木誠也の交渉も足踏み状態が続いているが、その移籍動向を追う現地メディアの報道は連日盛り上がりを見せている。 鈴木の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏によれば、「8球団以上、15球団...
別窓で開く



<前へ123次へ>