本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型レンジローバーの果てしない変貌ぶり 砂漠の王様もいよいよ電動&ファミリー化?(小沢コージ)
(5代目モデルにも初代の高貴な面影は残っている(写真)小沢コージ)【クルマは乗らなきゃ語れない】 レンジローバー (車両価格:16,380,000/税込み〜) ◇  ◇  ◇ いまやポルシェの快速SUV、カイエンを始め、英国ベントレーのゴージャスSUV、ベンテイガや高級車の代名詞、ロールスロイス製の...
別窓で開く

全長11.9m×全幅2.49m×全高3.79mの大型トラック。特別な届け出なしで日本の公道を走れるクルマとしては上限サイズである。その大きさを誇る最新の大型トラック、ボルボ「FH」に公道で試乗した。ボルボトラックは北欧スウェーデンに本拠地を構える商用車メーカーだ。今回試乗した大型トラックのほか、トレ...
別窓で開く

「変なバイク作る系ユーチューバー」がAKIRA「金田のバイク」再現に挑戦
 往年の名作「AKIRA」といえば、主人公「金田正太郎」が駆る「金田のバイク」が印象的。1988年に公開されたアニメーション映画の冒頭で見せる「スライドブレーキシーン」は、アニメ史上屈指の名場面のひとつとして語り継がれています。 そんな「金田のバイク」を、自作ファンアートとして再現しようと挑戦するユ...
別窓で開く

これまで数多くのクルマが世に送り出されてきたが、その1台1台に様々な苦労や葛藤があったはず。今回は「ニューモデル速報 第54弾 新型クラウンのすべて」から、開発時の苦労を振り返ってみよう。REPORT:ニューモデル速報編集部 クラウンは、これまで“乗る人間に誇りと歓び(満足感)を与える商品であるべき...
別窓で開く

これまで数多くのクルマが世に送り出されてきたが、その1台1台に様々な苦労や葛藤があったはず。今回は「ニューモデル速報 第53弾 新型セドリック/グロリアのすべて」から、開発時の苦労を振り返ってみよう。REPORT:ニューモデル速報編集部 新型セドリック/グロリアの開発を率いることになる三坂泰彦(主管...
別窓で開く

日産・リーフの着地姿って見たことある!!?? エアサスならば未来のEV車だってこんな感じにカスタムできちゃう!!
AIRFORCE流ピュアEVカスタムエアサス&ボディキットで魅せる新型リーフでグランドスラム!!AIRFORCE JAPAN/LEAFエアフォースジャパン/リーフ電気自動車が主役になる次世代のカスタムカーヨーロッパでは2030年から2040年にかけて、国によって時期は違うものの、ガソリン車の販売でき...
別窓で開く

様々なメーカーがクルマを開発しているが、その過程には様々な苦労や葛藤があるに違いない。とりわけ、長い歴史を誇るモデルでは、全くのゼロからのスタートした初代はもちろん、代替わりの際の重圧もあっただろう。今回はまもなく新型が登場する「トヨタ・ハリアー」の開発ストーリーを初代から三代目まで振り返ってみるこ...
別窓で開く

古さを感じさせない魅力がある!1980〜90年代の四角い輸入車 6選
「四角いクルマに乗りたいのに、最近は丸いものばかりで選択肢がない」クルマの購入を考えている人からこんな声を聞くことがあります。クルマのデザインが自分たちのライフスタイルにマッチしないという人が注目しているのが旧車。ただ、あまりにも古いものだと維持の心配も付きまとい、購入に踏み切れない人も多くなります...
別窓で開く

【エアサスって介護・福祉車両にあれば便利ですよね】自らの経験を元にエアサスから“ケアサス”を開発したカスタムプロショップ
高低差を減らして乗降の負担を軽減“ケアサス”装着で介護・福祉をサポートJETSTROKEジェットストローク/ケアサス千葉県鎌ヶ谷市にあるカスタムのプロショップ「ジェットストローク」が、クラウドファンディングを通じて、『一般車両にエアサスペンションを装着して全国でバリアフリーの福祉・介護車両を増やした...
別窓で開く

トラックやバスの「プシュー音」正体は? 大型車から聞こえる空気が抜けるような音
長い信号待ちや駐車場などで、トラックやバスから「プシュー」という空気が抜けるような、大きな音が聞こえることがあります。大型車では様々な場面で圧縮空気が用いられますが、とりわけ大きな音がするケースがあるようです。「プシュー」の正体はブレーキ 停車中の大型トラックやバスから、「プシュー」という空気が抜け...
別窓で開く


<前へ12次へ>