本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウェンバンヤマはMJやレブロン級の逸材?ノビツキーの恩師は「バスケを再び変えてしまうポテンシャルがある」<DUNKSHOOT>
NBAの2022−23シーズン開幕を前に、来年のドラフトで全体1位指名が確実視されているのが、フランスのメトロポリタン92に所属するヴィクター・ウェンバンヤマ。 224㎝・109㎏というサイズを誇る18歳は、先日行われたGリーグ・イグナイトとのエキシビジョンゲームの初戦で37得点、4リバウンド、5ブ...
別窓で開く

アデトクンボに「バスケを学ぶ必要がある」と注文した名手が真意を説明「彼は今、フィジカル中心にプレーしている」<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボが、現代NBAを代表するスーパースターだということに異論を唱える者はいないだろう。しかし、元NBA選手のギルバート・アリナスは、「もっとバスケを学ぶ必要がある」と語った真意について明かしている。 2013年のドラフト全体15位でバックスから指名されたアデ...
別窓で開く

アレンとロンドの不仲エピソードを元同僚が明かす「喧嘩をしてウェイトルームで殴り合いだ」<DUNKSHOOT>
ボストン・セルティックスと言えば、ロサンゼルス・レイカーズと並んで歴代最多タイの優勝17回を誇るNBA有数の名門チームだ。 最後の優勝はケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレンのビッグ3を擁した2007−08シーズンだが、のちにガーネットとアレンの間に確執が生まれたのは有名な話。...
別窓で開く

百戦錬磨のウォリアーズは第1シード獲得に重きを置かず?「関係ない」とグリーンが語る理由とは<DUNKSHOOT>
現地時間2月26日(日本時間27日、日付は以下同)、故障離脱中だったゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、今年の1月上旬以来初となるチーム練習へ参加した。「彼のエナジーや声がジムに戻ってきたのは素晴らしいこと。フィジカル面ではすごく良く見えたね。...
別窓で開く

「スパイクを投げつけてやる」悪童ナスリが恩師マンチーニとの衝突を告白!「俺はバロテッリじゃないと怒鳴った」
 最高級のプロの世界は、強烈な個性の持ち主の集まりだ。 元フランス代表のサミア・ナスリが、マンチェスター・シティ時代に当時のロベルト・マンチーニ監督と衝突したことを振り返っている。イタリア『calciomercato.com』が『Canal Plus』での発言を伝えた。...
別窓で開く

初優勝を目指すネッツに豪東京五輪戦士は何をもたらすか?本人は「“勝利するカルチャーと環境”からやってきた」と自信<DUNKSHOOT>
現地時間8月26日、今夏にサンアントニオ・スパーズからブルックリン・ネッツへのFA(フリーエージェント)移籍を決断したパティ・ミルズが、メディアに向けて初の会見を行なった。 185センチ・81キロの小兵ガードは、昨季までスパーズに10シーズン所属。2013、14年にNBAファイナルへ出場し、うち20...
別窓で開く

「深夜3時からワークアウト」「ミスした仲間を20分凝視」コビー・ブライアントの狂気的エピソード〈DUNKSHOOT〉
コビー・ブライアントは決して天才などではなかった。彼を超一流のプレーヤーたらしめたもの、それは常人には到底不可能な、尋常ならざる練習量にほかならない。コビーの狂気にも似た練習へのこだわりを、周囲の証言とエピソードで浮き彫りにする。...
別窓で開く

ウィザーズが10日ぶりに練習再開も八村を含む約半数が不参加。2週間ぶりの次戦は変則ラインナップでの戦いに
1月20日(日本時間12日、日付は以下同)、八村塁の所属するワシントン・ウィザーズが10日ぶりにチーム練習を再開した。チームは11日のフェニックス・サンズとの試合に勝利したのを最後に、翌12日から新型コロナウイルスの安全衛生プロトコルによって練習ができなくなり、6試合連続で延期となっている。 この日...
別窓で開く

MVP候補の本命?自己最高のパフォーマンスを続けるニコラ・ヨキッチに止まぬ賛辞
1月20日(日本時間21日、日付は以下同)時点で、デンバー・ナゲッツは7勝7敗でウエスタン・カンファレンス9位タイ。勝率5割ながら、トップのロサンゼルス・レイカーズ(11勝4敗)とは3.5ゲーム差で、ここから挽回することも十分可能な位置にいる。 ナゲッツは開幕5戦で4敗を喫したものの、ここ6試合で4...
別窓で開く

“小さな巨人”アイバーソンは、なぜ身長183cmで得点を量産できたのか?
“エージェント・ゼロ”の異名をとったギリバート・アリナスは現役時代、1試合で60得点を叩き出すなど、リーグ屈指のスコアラーとして鳴らした。トリッキーなドリブルからのアタック、歯に衣着せぬ発言で強気な姿勢を貫いたが、彼にも“手を焼いた男”がいたという。...
別窓で開く


<前へ12次へ>