本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



インディアンスが来季から「ガーディアンズ」に改称する背景【メジャーリーグ通信】
【メジャーリーグ通信】 世界大恐慌の直接の契機となった1929年の「ブラックサーズデー」、米国の財政赤字と貿易赤字の先行きを懸念して起きた1987年の「ブラックマンデー」と「ブラック」と名の付く曜日は世界経済と深く関係する。 一方、11月第4金曜の「ブラックフライデー」は、10月のハロウィーンと12...
別窓で開く

イラン核合意5か月ぶりに再開 アメリカとの溝深く打開策は?
 イラン核合意の立て直しに向け、関係各国とイランは5か月ぶりに協議を再開させました。しかし、イランの反米保守強硬派の政権と、アメリカの主張は隔たりが大きく、打開策が見いだせるかは不透明な情勢です。 イラン核合意の立て直しに向けてイギリスやフランスなど関係国とイランは29日、5か月ぶりとなる次官級の合...
別窓で開く

イラン新政権とも交渉継続=核合意再建へ協議再開
 【ウィーン時事】イラン核合意の再建に向け、英仏独中ロの5カ国とイランは29日、次官級の合同委員会をウィーンで再開した。委員会の枠外ではあるが、米国も間接的に参加した。議長を務めた欧州連合(EU)欧州対外活動庁(EEAS)のモラ事務局次長は会合後、反米保守のイラン新政権とも、前政権との協議を踏まえた...
別窓で開く

イラン核合意、再建へ交渉再開=5カ月ぶり、米と隔たり大きく
 【ウィーン時事】イラン核合意の当事国である英仏独中ロとイランは29日、ウィーンで次官級の合同委員会を行った。合意復帰を目指す米国も、委員会の枠外で間接参加した。約5カ月の中断を経ての再開で、イランで8月に反米保守のライシ政権が発足して以来、初の正式な協議。米国とイランの立場の隔たりはいまだ大きく、...
別窓で開く

「パンデミック条約」を議論=WHO特別会合が開幕
 【ウィーン時事】世界保健機関(WHO)総会の特別会合が29日、ジュネーブで対面とオンラインの混合方式で開幕した。新型コロナウイルスでの混乱を教訓に、次の世界的規模の感染症に備えてワクチンや治療薬の公平な分配などを明文化する「パンデミック(世界的大流行)条約」について議論する。会合は12月1日まで。...
別窓で開く

日本に必要な「突っ込んだ」核論議 〜核禁会議に被爆2世代表団派遣検討
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月29日放送)に元内閣官房副長官補・同志社大学特別客員教授の兼原信克が出演。被爆2世でつくる「全国被爆二世団体連絡協議会」が、核兵器禁止条約の締約国会議に代表団の派遣を検討しているというニュースについて解説した。...
別窓で開く

東京ディズニーランド&シーの花火「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」12月1日公演再開 約11カ月ぶり
【モデルプレス=2021/11/29】2021年1月8日から休止となっていた、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの花火「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」の公演が12月1日より、約11カ月ぶりに再開することが発表された。...
別窓で開く

TDL&TDSの花火12・1公演再開 『ディズニー・ライト・ザ・ナイト』
オリエンタルランドは29日、2021年1月8日から休止していた、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(千葉県浦安市)の花火、『ディズニー・ライト・ザ・ナイト』の公演を12月1日より再開することを発表した。...
別窓で開く

ブッチー武者さんの今 ハロウィーンで“懺悔の神様”仮装したらバズって時の人に
【あの人は今こうしている】 ブッチー武者さん(コメディアン/69歳) 1980年代に一世を風靡した伝説のバラエティー番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)。トリを飾る人気コーナーが「ひょうきん懺悔室」だった。ブッチー武者さん(69)は、出演者の出したNGが○か×かを判定し、×なら水を浴びせる“...
別窓で開く