本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NBAの歴代“ベストジャーニーマンチーム”を選定!MVP経験者から優勝請負人、稀代の問題児まで多彩な顔ぶれに<DUNKSHOOT>
間もなくFA市場が解禁するNBA。シーズン中のトレードも含め、選手の移籍が頻繁に起こるリーグでは、いつの時代も複数のチームを渡り歩く“ジャーニーマン”が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジション...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

共通点は“ニックス憎し”。ミラー&ジャクソンの“ヒール・コンビ”が誕生するまで【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
2005年にレジー・ミラーが引退したとき、ニューヨークのバスケットボールファンは胸を撫で下ろしたはずだ。なにせ彼はニューヨーク・ニックスの最大の宿敵だった。プレーオフでは幾度となくクラッチショットを決められたあげく、「ニックスはビビリ野郎の集団さ」などと屈辱的な言葉さえ投げつけられたからである。...
別窓で開く

かつてジョーダンと覇を争った男が語る1985年のスラムダンク・コンテスト秘話「NBAはとっさにあの判断をした」<DUNKSHOOT>
今年もNBAオールスターウィークエンドの季節が到来した。 当日の日曜日に行なわれる本戦だけでなく、ライジングスターズ・チャレンジ、スラムダンク・コンテスト、3ポイント・コンテスト、スキルズチャレンジなど、楽しいイベントが盛りだくさんの祭典だ。...
別窓で開く

ケガから復帰の八村塁がシーズンハイの20得点で勝利に貢献!3ポイント好調の要因は「自信ですね」<DUNKSHOOT>
現地時間2月17日(日本時間18日、日付は以下同)に敵地バークレイズ・センターで行なわれたブルックリン・ネッツ戦で、ワシントン・ウィザーズの八村塁が2試合ぶりに復帰。14日のデトロイト・ピストンズ戦で右足首を捻挫し、16日のインディアナ・ペイサーズ戦を欠場したことで、ネッツ戦の出場は微妙だったものの...
別窓で開く

「ケビンは尊敬に値する」「ラリーは最も近い存在」長い年月を経て“友人”となった最強コンビ【NBAデュオ列伝|後編】
■主役バードの脇役を自覚したマクヘイル 1984年、セルティックスは3年ぶりにNBAファイナルに進出した。相手はマジック、ジャバーを擁するロサンゼルス・レイカーズ。幾度となく名勝負を繰り広げてきた古豪同士であり、しかも79年のNCAAトーナメント決勝以来のバードとマジックの頂上決戦とあって、開幕前か...
別窓で開く

バード&マクヘイル——セルティックスに黄金期をもたらした正反対な2人の“埋められない溝”【NBAデュオ列伝|前編】
■境遇こそ似ていたが性格は正反対だった2人 ボストン・セルティックスはNBAにとって特別な存在だ。華やかさ、一般的な人気ではロサンゼルス・レイカーズに一歩譲るとはいえ、伝統の重みという点で、セルティックスを上回るチームはない。 そのセルティックスの80年代を支えていたのが、ラリー・バードとケビン・マ...
別窓で開く

「本当にムカつく!」ご意見番バークレーがレイカーズのフロント陣を痛烈批判「2人に責任をなすりつけようとしている」<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日(日本時間20日、日付は以下同)のインディアナ・ペイサーズ戦、ロサンゼルス・レイカーズのフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)は「このチームに高い期待を抱いている。ビッグマーケットであり、勝利以外のどんなことも望んでいない」と、必勝態勢で臨んだ。...
別窓で開く



<前へ1234次へ>