本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あなたが移民になったらどうする?」超人気シリーズ最新作『フォーエバー・パージ』を鬼才監督が語る!【後編】
『フォーエバー・パージ』©2021 UNIVERSAL STUDIOSマイケル・ベイとジェイソン・ブラムがプロデュースを手掛ける超ヒットスリラー『パージ』シリーズの最新作、『フォーエバー・パージ』が2022年5月20日(金)より公開となる。...
別窓で開く

ロシア軍のドンバス制圧作戦、「勢いを失っている」と英国防省が分析…兵士士気も低下
 【キーウ(キエフ)=上地洋実】英国防省は15日、ウクライナ東部ドンバス地方(ドネツク州、ルハンスク州)で軍事作戦を続けるロシア軍について「攻撃の勢いを...
別窓で開く

北欧2国NATO加盟へ、外相らが対応協議…トルコの承認が焦点に
 【ブリュッセル=畠山朋子】北大西洋条約機構(NATO)は14〜15日、ベルリンで非公式の外相理事会を開き、ロシアの侵攻が続くウクライナへの支援継続や、近くNATOへの加盟を正式に申請する見通しのフィンランド、スウェーデンへの対応を協議した。...
別窓で開く

元プロボクサー・木幡竜、主演映画で壮絶アクション、10キロ減量も「だんだんハイに」
 俳優の木幡竜が14日、主演映画「生きててよかった」(鈴木太一監督)の公開記念舞台あいさつを都内で行った。 ドクターストップのためボクサーを引退せざるを得なくなり、やがて地下格闘技に身を投じていく主人公の生きざまを描く作品。...
別窓で開く

『生きててよかった』木幡竜インタビュー「“引退後のボクサーたちの幸せ、幸福感は何だろうか”をずっと考えてきた」
昨年放送のドラマ「アバランチ」で“最狂の敵”役を演じ注目を集めた、俳優・木幡竜さん主演の映画『生きててよかった』が5月13日より公開中です。【ストーリー】長年の闘いが体を蝕みドクターストップによって強制的に引退を迫られたボクサー・楠木創太は、第二の人生を歩むため恋人との結婚を機に新たな生活を始めるも...
別窓で開く

今治、新加入のFWセウントイェンスが一時帰国…内科系の疾患が見つかり精密検査
FC今治は12日、オランダ人FWラルフ・セウントイェンスが一時帰国していることを発表した。 発表によると、同選手は内科系の疾患が見つかり、精密検査のため10日にオランダへ一時帰国した。再来日の時期は未定。 現在33歳のセウントイェンスは、2021−22シーズンのエールステ・ディヴィジ(オランダ2部)...
別窓で開く

【映画コラム】訳ありのボクサーを主人公にした、熱き肉体派映画『生きててよかった』『義足のボクサー GENSAN PUNCH』
 今回は、訳ありのボクサーを主人公にした、熱き肉体派映画を2本紹介する。どちらも、海外作品でも活躍している俳優が主演している。『生きててよかった』(5月13日公開) 子どもの頃、映画『ロッキー』(76)を見たことがきっかけでプロボクサーになった楠木創太(木幡竜)と、シルベスター・スタローンに憧れて俳...
別窓で開く

中国で大ブレイク!日本に凱旋した元ボクサー俳優・木幡竜が45歳で掴んだ映画初主演のチャンス
写真:石井隼人ディーン・フジオカ、大谷亮平……。海外で見出された後、日本でも活躍する"逆輸入俳優"が目立つ昨今。「元ボクサー → 中国でブレイク」という異色の経歴を持つ俳優が、日本映画『生きててよかった』(5月13日公開)で初主演のチャンスを掴んだ。木幡竜、45歳。香港アクションスターのドニー・イェ...
別窓で開く

木幡竜 主演映画「生きててよかった」で迫真格闘シーン 「命懸けでやることが敬意」
 【牧 元一の孤人焦点】13日公開の映画「生きててよかった」に主演した俳優の木幡竜(45)が迫真の格闘シーンに懸けた思いを明かした。 「自分のことを『日本一無名の主演俳優』だと思っているので、命懸けでやることが、この映画への敬意だと思った」 木幡はプロボクサーとして活躍した後、2003年に俳優デビュ...
別窓で開く

フランクフルトを決勝に導いた鎌田大地の“ピルロのような”パス。「ミスターEL」はやはり特別な存在だった【現地発】
 鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトがヨーロッパリーグ(EL)準決勝でプレミアリーグのウェストハムを下し、悲願の決勝進出を決めた。 フランクフルトがブンデスリーガで低迷し、2部降格を繰り返し、スタジアムがファンの失望で包まれていたのはそんなに昔の話ではない。だが、いまではドイツだけではなく、...
別窓で開く


[ イェン ] の関連キーワード

フランクフルト gensan punch ロシア トルコ
国防省