本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2024年に大谷翔平が所属する可能性のあるチームはどこ? 米記者が挙げる3つの球団とは——
来年の戦略を考え、補強に余念がないストーブリーグ真っ只中のメジャーリーグ。ロサンゼルス・エンジェルスも今までになく、積極的な補強を進め、ロサンゼルス・ドジャースで今季15勝を挙げた左腕、タイラー・アンダーソンやミネソタ・ツインズから巧打・好守を誇る内野手のジオ・ウルシェラを獲得、9年ぶりのプレーオフ...
別窓で開く

大型契約獲得のジャッジはもちろん勝ち組! 「払い過ぎ」の声も寄せられた吉田正尚とレッドソックスの評価は?【ストーブリーグの勝ち組&負け組】<SLUGGER>
メジャーの今オフにおける“遊撃手ビッグ4”の一角で、最後までFA(フリーエージェント)市場に残っていたダンズビー・スワンソンのカブス入りが決定。大物FAの大半が入団先を決めたこのタイミングで、今ストーブリーグの「勝ち組」と「負け組」を独断と偏見で紹介しよう。...
別窓で開く

「エンジェルスはなぜ弱いのか?」来日したベテラン番記者が考えるチームの課題と改善策。そして「外野手・大谷」の実現性は?<SLUGGER>
ロサンゼルス・エンジェルスの地元紙『Orange County Register』紙のエンジェルス番記者で、大谷翔平の渡米4年間の活躍を振り返った書籍『SHO−TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』の著者でもあるジェフ・フレッチャー氏が11月下旬に来日し、インタビューに応じてくれた。...
別窓で開く

ダルビッシュを14年ぶりのWBC出場に駆り立てたものは一体何なのか?改めて蘇る09年決勝の“咆哮”の記憶<SLUGGER>
12月6日、ダルビッシュ有(パドレス)が自身のツイッターで来年3月に行なわれるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場することを明言した。 ダルビッシュは侍ジャパンの栗山英樹監督と握手を交わす写真とともに「栗山監督に『来年のWBC出場しなさい』と言われたので出場します」とツイート。すぐさま...
別窓で開く

トラウト、ハーパー、ベッツの“外野MVPトリオ”に二遊間は首位打者コンビ…2023年WBCアメリカ代表はこんなに凄い!<SLUGGER>
2023年3月に開催が予定されている第5回WBC。前回覇者のアメリカ代表にはスーパースターが続々参加を表明しており、今大会は史上最高の超豪華メンバーが予想される。どれだけすごいメンバーなのか、このラインナップを見れば一目瞭然だ。...
別窓で開く

あわやノーヒッターにネビン監督代行は大谷翔平を絶賛「かなりいい球を打った」。“リアル二刀流”前夜の奮闘には懸念も
あわやノーヒッターの試合展開に監督代行も肝を冷やしたようだ。【動画】ノーヒッターはさせん! 大谷が9回に放った“意地のスリーベース”をチェック 現地時間6月15日、ロサンゼルス・エンジェルスは、敵地で行なわれたロサンゼルス・ドジャースとの「フリーウェイ・シリーズ」に1対4と完...
別窓で開く

ダルビッシュが「オールMLBチーム」ファーストチーム入りの快挙、マエケンもセカンドチームに選出!ともに日本人初
両リーグを合わせたメジャーリーグ版のベストナイン「オールMLBチーム」が現地時間9日に発表され、シカゴ・カブスのダルビッシュ有が「ファーストチーム」に、ミネソタ・ツインズの前田健太投手が「セカンドチーム」に選ばれた。同賞は昨年からスタートし、日本人選手がノミネートされたことも初のことだった。...
別窓で開く


<前へ1次へ>